スポンサーリンク

「Fラン大学生は、公務員になって一発逆転を狙おう!」なんて言われていますよね。

ちなみに僕はリスクが大きすぎて、Fランから公務員は絶対に狙わない方がいいと思ってます。

 

とはいえ、

  • Fラン大学生は本当に公務員を狙うべきなの?
  • どのくらいの時間と費用がかかるの?
  • どうやって公務員になるの?

という方もいますよね。

そこでFラン大学の友人が、公務員試験で全敗した経験を持つ私から「公務員なんて、絶対辞めとけ!」という話をお伝えします。(私も友人も偏差値35です)

 

具体的には、

    • 公務員になるための時間と費用
    • 公務員になるための方法
    • Fラン大学生が公務員になりたい理由
    • Fラン大学生が目指すべきルート

    を要点だけに絞って、紹介しますね。

     

    この記事は、10分で読めます。

    この記事を読めば、「公務員になるための必要なこと」と「公務員のコスパの悪さ」がわかるので、「Fラン大学生だからとりあえず公務員を目指す!」と考えている人は、ぜひ一読を!

    スポンサーリンク

    Fラン大学生が公務員になるためにかかる勉強時間と費用

    Fラン大学生が公務員になるためにかかる、勉強時間と費用

    Fラン大学生が公務員になるための「勉強時間」と「費用」について確認していきます。

    僕は調べている時に「コスパ悪すぎ!」って思いました。

    コスパが悪いと思った理由を、この記事で説明していきます。

    まずは、公務員になるための「勉強時間」と「費用」を見ていきましょう!

    Fラン大学生が公務員になるためにかかる勉強時間

    一般的に公務員になるための勉強時間の目安は、1,000時間〜1,500時間と言われています。

    一日3時間の勉強を1年ですね。相当しんどいと思います。

    しかも、この勉強時間の目安は"東大生"から"Fラン大学生"、"浪人"や”就職後に公務員を受ける人”を考慮しての時間なんですよね。

     

    では、Fラン大学生の場合、どのくらいの勉強時間が必要でしょうか?

    僕の見立てでは、1,500時間〜2,000時間くらいだと思ってます。1日3時間勉強を1年半毎日。

     

    東大生や早慶などの上位大学生とFラン大学生は、勉強してきた時間が違います。

    上位校の大学生の勉強時間を750時間くらいとした時に、Fラン大学生は少なくとも倍くらいの勉強時間が必要だと考え、この時間としました。

     

    Fラン大学生が公務員になるためには、少なくとも1500時間くらいは勉強するべきですね。

    Fラン大学生が公務員になるためにかかる費用

    Fラン大学生が公務員になるためにかかる費用

    公務員の予備校にかかる費用は、30万円〜50万円くらいですね。

    以下に料金表を貼っておくので、見てください。

    会社名 費用 コース
    TAC 433,000円 速修A付 総合本科生<1年目専門あり>
    LEC 318,810円 通信講座
    資格の大原 273,900円 教室通学、映像通学
    クレアール 250,000円 web通信
    資格スクール大栄(アビバ) 440,640円 公務員上級 地方上級・国家一般コース

    ※季節やコースによって多少変動するので、無料の資料請求や問い合わせで正確な料金を確かめてください。

     

    少なくとも20万円以上かかることがわかりました。結構費用がかかる印象があります。

    スクールに通わずに公務員を目指す方法は、あるのでしょうか?

    次の章では、公務員になるための方法を見ていきましょう!

    スポンサーリンク

    Fラン大学生が公務員になるための方法

    Fラン大学生が公務員になるための方法

    Fラン大学生が公務員になるための勉強方法として、以下の三つがあります。

    • 独学
    • 大学の講義
    • スクール

    結論:Fラン大学生が公務員を目指すなら、スクール一択!

    その理由について、要点だけに絞って説明していきます。

    Fラン大学生が「独学」で公務員を目指す場合

    ネットで調べると独学で公務員に合格した!という体験談が見つかります。

    しかし、Fラン大学生にはおすすめできません。理由は以下の通りです。

    • 一人なので、挫折しやすい
    • わからないところが解決できない
    • 面接対策ができない

    独学で合格できるのは、受験勉強などで勉強に慣れている上位大学の学生でないと厳しいですね。

     

    また、一人で勉強しても挫折しちゃうんですよね。

    リスクも背負っていないので、いつでも辞められます。だから「いざとなったら普通に就職しよう〜」なんて、甘えもあるのではないでしょうか?

    そんな気持ちでは到底、公務員試験に合格できないでしょう。

     

    結論:今まで自分で勉強してこなかったFラン大学生が、独学で公務員を目指すのは厳しい!

    Fラン大学生が「大学の講義」で公務員を目指す場合

    Fラン大学生が大学の講義で公務員を目指す場合

    大学の講義も独学と同様に、おすすめできません。

    理由は以下の通りです。

    • 他のFラン大学生に流されてしまう
    • 自分のペースで勉強できない
    • 目指したい公務員の職種に最適化されていない

     

    Fラン大学の講義ですので、レベルもFラン大学生に合わせることになります。

    • 自分はもっと進んでいるのに...
    • もっと基礎的なことから勉強したい。

    そんな悩みも出るでしょう。

     

    また

    • 一回講義を逃してついていけなくなる。
    • 周りのFラン大学生に流されて、サボってしまう。

    そんなことも懸念されます。

    大学の講義で公務員を目指すのも、Fラン大学生にはおすすめできません。

    Fラン大学生が「スクール」で公務員を目指す場合

    Fラン大学生が公務員を目指す場合は、スクール一択です。

    なぜなら

    • 自分のペースで勉強できる
    • 高額な費用を払っているので、後戻りできない
    • 他の生徒、講師がいるので挫折しにくい

    という理由があります。

    スクールに通うことで、「公務員になるしかない!」という状況になるのが最大のメリットですね。

     

    Fラン大学生が公務員を目指す場合、スクールに通うことを強くおすすめします。

    Fラン大学生が公務員になりたい理由

    Fラン大学生が公務員になりたい理由

    Fラン大学生が公務員になりたい理由を調査したところ、以下のような理由が多かったです。

    • 学歴関係なくテストさえ、突破できればなれるから
    • 安定しているから
    • 仕事が楽そうで、誰にでもできると思うから

     

    ぶっちゃけ上記の理由以外で、公務員を目指している人に会ったことないです。

    上記の理由が本当か、ひとつずつ確認していきましょう!

    公務員になりたい理由が、「学歴関係なくテストさえ、突破できればなれるから」

    この理由については、あながち間違っていません。

    というのも、僕も「Fラン大学生が一発逆転できる職業は公務員!」だと思っているからです。

     

    ただ、同じように考えている大学生って、めちゃくちゃ多いんですよ。その中で良い結果を出して、公務員になる難易度ってやばいです。

    地方公務員だと合格倍率8倍くらいが平均ですね。

    すると100人受けたら、12人合格することになります。上位校の大学生や浪人生などがいる中で、あなたはトップ12に入れる自信ありますか?

     

    正直、公務員試験に受かるくらい努力ができる優秀な人なら、他の職業でもうまくいくはずなんですよね。

     

    まとめると、「超人気の職種で競争度が高くて受からないリスク」と「ビジネスで活かせない勉強」をするのは、人生基準で見ると、めちゃくちゃコスパ悪いって思います

    あわせて読みたい!

    >>【Fラン大学生なら、この資格を取れ!】就活で無双するためのおすすめ資格3選

    >>基本情報技術者試験に独学、2週間で合格!偏差値35のFラン大学生が受かった勉強法!

    公務員になりたい理由が、「安定しているから」

    公務員は、クビになることはありません。

    そう思っている人、多くないですか?

    試用期間なら、クビできるんですよね。もしくはいじめて自主退職に追い込む。そんなことがありえるんですよね。

     

    試用期間中に解雇された人の記事があったので、載せておきます。

    記事に書いてあることを要約すると、

    高知県で採用された24歳新卒の男性は試用期間を延ばされ、その後解雇された。
    試用期間を延ばされた際には、同期5人のうち1人だけ手書きの業務日報を提出することに。
    最終的に上司三人から詰められて、解雇へ。

     

    窓口対応や閉鎖された職場環境のため、ストレスが溜まりやすいです。案外、公務員のうつ病(精神的に病む)も多いんですよね。

    僕の友人でも入社三年目で公務員をやめた人がいます。その人も精神的な問題を抱えていました。

     

    友人になぜすぐ辞めなかったのか聞いたところ、「時間とお金をかけて公務員になったから、簡単に辞められなかった」と言っていました。

    また、周りから「もったいない」と言われ、止められることもあったようです。

     

    その友人は、転職をして別のところで働いていますが、転職活動は結構厳しかったようです。

    「公務員の仕事は独特で他の職業では活かせない」と言っていました。

     

    公務員の実態として「精神的に病むこと」や「簡単に転職できないため、Fラン大学生が公務員に抱く「安定」は幻想です。

    公務員になりたい理由が、「仕事が楽そうで、誰にでもできると思うから」

    公務員になりたい理由が、「安定しているから」

    Fラン大学生は、勉強の面で他の大学生より、引け目を感じている傾向があります。

    公務員には、「難しそうな仕事がなく、マニュアル通りにやれば問題ない!」と考えることで、Fラン大学生の自分でもできると勘違いしてるんですよね

    実際に学歴は関係ありませんが、他の職業より「コミュニケーション能力」と「きっちり仕事する」部分は強いと思います。

     

    時間に遅刻したり、誤字脱字などのケアレスミス。こういったものは国の書類で許されません。

    もし間違った案内をしたら大問題になります。

    誰にでもできる仕事かもしれませんが、プレッシャーが半端ないです。

     

    Fラン大学生のほとんどは、授業を遅刻して休んだり、テストで低い点数を取ってしまう人だと思います。

    そんな人が「きっちり仕事できる」と思いますか?

     

    少なくとも大学受験の勉強の比にならないくらい、我慢が必要だと思います。

    Fラン大学生が公務員を目指すことについて、ツイッターで呟いてみた。

    大学生が公務員を目指すことについて、Twitterで呟いたところ、予想外の反応があったので載せておきます。

    リプ欄も含めてのぞいていただけると面白いかもです!


    ツイートの内容を要約すると部署によって、部署や課によるけど年間でMAX2000時間の残業があるところもあるんだそう....

     

    また上のツイートについたリプライを見てみると、


    2000時間...

    公務員が安定って言ってる人、息してますか??

    いい部署に入れるかどうかは運次第なので、祈りましょう!

    あわせて読みたい!

    >>Fラン大卒でもプログラミング技術を取得すれば就活無双できる話

    >>【Fランでも18歳でも大丈夫】大学生はプログラミングやれ!3つのメリットを解説

    Fラン大学生が公務員を目指すのは、圧倒的にコスパが悪い!

    Fラン大学生が公務員を目指すのは、圧倒的にコスパが悪い!

    ここまでFラン大学生が公務員になるために、必要な情報を紹介しました。一度まとめておきますね。

    公務員になるまでの時間と費用
      • 時間:1500〜2000時間
      • 費用:25万〜50万円(スクールの場合)
    公務員になるまでの勉強方法
      • 独学
      • 大学の講義
      • スクール

     

    結論:スクール以外だと、挫折して公務員になれない

    公務員になりたい理由
      • 学歴関係なくテストさえ、突破できればなれるから
      • 安定しているから
      • 仕事が楽そうで、誰にでもできるから

    結論:上記の理由は全て学生の思い込み。

    辛い職場でも文句言ってくる人がいても、耐えられる我慢強さがあるなら、公務員を目指しても良い!

    というわけで、この記事の最終的な結論は、

    「Fラン大学生が公務員を狙うのは、圧倒的にコスパが悪い!!」

    です。

     

    一番厳しいのが、「公務員試験の勉強は社会で使えない」ということなんですよ。

    2000時間勉強して、もし合格できなかったら人生の無駄じゃないですか

    しかも筆記で受かっても面接で落ちることもあるわけで。その時の絶望感と言ったら...

     

    僕みたいなIT系の人材から言わせてもらうと、公務員の勉強時間を全てプログラミングに当てれば、普通に就活して超一流企業に就職できます。

     

    プログラマとして仕事するために、必要な時間と費用は以下の通りです。

    • 時間:300時間〜500時間
    • 費用:スクールで10万程度

    圧倒的に公務員よりコスパいいんですよね。ストレスがかかる職場なら、すぐやめればいいので、自由ですし、選択肢も多いです。

    しかもIT系って資格とか必要ないので、勉強した時間がそのままお金に直結します。

     

    Fラン大学生が公務員を狙う理由の一つであげた「学歴関係ないから」ってあるじゃないですか?IT系も同じですからね。

    外資系のITコンサルティングファームやSierもプログラミングができれば、学歴関係なく入社することができるんですよね。

    そしたら公務員より一発逆転できます。合わなかったら転職でもフリーランスでも、選び放題です。

     

    積み重ねが評価される職業の方がノーリスクなので、Fラン大学生は絶対にIT系人材を目指すべきです。

    他の上位大学の学生は公務員に落ちても、大学名で民間企業に入れます。でもFラン大学生が公務員に落ちて、そこから就活して内定取れると思いますか?

     

    最後に、僕がIT系人材と公務員を比べた表をつけときますね。

    項目 IT系人材 公務員
    市場規模 拡大中 一定
    就職のしやすさ しやすい しにくい
    転職市場 高需要 低需要
    給料 やった分だけ増える 一定
    20代の給与 300〜1000万円 300~450万円
    働き方 自由が効く 朝はきっちり、夜はざっくり
    勉強時間 300〜 1500〜
    スクール費用 10万〜30万 25万〜50万

    もちろん企業によって、職種によって変わりますが、IT系人材を強くおすすめします!

    >>【就活】Fラン大学生が目指すなら”IT業界”しか、ありえないわけとは?

     

    実際、公務員になれるくらいの能力の人がエンジニアになれば、20代で1000万円くらい余裕だと思うんですよね。

    もし「公務員で考えてたけど、IT系も良いかも?」って思った人は、僕が考えている、「Fラン大学生が最速で年収600万円」を目指すルートを示したので、ぜひ読んでみてください。

     

    \Fラン大学生なら、一回は読んでみて!/

     

    もしこれを読んでも、「公務員になるんだ!」という強い意思を持っている人は、いますぐ資料請求してください。

    それくらいの行動力がないと、勉強も後回しになってどうせ合格できません

     

    全て無料なので、まずは資料請求から初めてみよう!

    会社名 費用 コース
    TAC 433,000円 速修A付 総合本科生<1年目専門あり>
    LEC 318,810円 通信講座
    資格の大原 273,900円 教室通学、映像通学
    クレアール 250,000円 web通信
    資格スクール大栄(アビバ) 440,640円 公務員上級 地方上級・国家一般コース

     

    あわせて読みたい!

    >>Fラン大学生が就活で効率的に内定を獲得するためのおすすめサービス10選【最短で即日!?】

    >>Fラン大学生が最速で年収600万円を確実に狙う方法【最初に読む記事】

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事