【Fランでも18歳でも大丈夫】大学生はプログラミングやれ!3つのメリットを解説

大学生でプログラミングに興味があるんだけど、なかなか踏み出せない人いますよね。

プログラミングを始めるか迷っているとき
    • 今からでも遅くないだろうか?
    • 難しいというイメージがあるが、大学生で習得できるのか?
    • なぜ大学生でプログラミングを学ぶことが、おすすめなのか?

そこでこの記事では、Fランク大学を卒業してプログラミングを始めた私が後悔している部分を主に、「なぜ大学生がプログラミングを勉強するのに最適か」を説明しますね。

具体的に、

  • 大学生にプログラミングがおすすめの理由
  • 大学生がプログラミングスキルを身につける方法

を要点だけに絞って紹介しますね!

 

この記事は、5分で読めます。

プログラミングを始めようか迷っている大学生はぜひ一読を!

スポンサーリンク

大学生にプログラミングがおすすめの理由

大学生にプログラミングがおすすめの理由を紹介します。

  1. 時間がたくさんあるから
  2. スタートラインが同じだから
  3. 合わなかったら辞める選択肢を取れるから

順番に紹介します。

時間がたくさんあるから

プログラミングを習得するのに必要な時間は、最低でも200〜300時間と言われています。

実際に私自身が社会人になってから約半年間ずっとプログラミングをしていて、やっと一人で作業できるようになったという感じです。

 

8h×20日×6ヶ月=960時間かかりました。

僕は複数言語(4言語ほど)を理解するのに、かかった時間ですので一つの言語を理解するのに200〜300時間というのは、あながち間違っていないですね。

 

大学生はとにかく時間に余裕があります。バイトや大学、サークルに割く時間が長くても社会人より忙しいことは稀でしょう。

 

社会人になってからプログラミングを学ぶより、時間のある大学生で学んだ方が絶対に良いでしょう。

例えば、毎日2時間を勉強にさける場合は、大体4ヶ月くらいで一通り理解できます。

 

社会人になるとその4ヶ月を頑張るのがしんどいのです。

IT関係で仕事をしているのなら大丈夫ですが、他の業種だとモチベーションを維持するのが大変です。

 

以上の理由から、時間に比較的余裕のある大学生で学んでおくことが良いでしょう!

関連記事

>>Fラン大卒でもプログラミング技術を取得すれば就活無双できる話

>>【就活】Fラン大学生が目指すなら”IT業界”しか、ありえないわけとは?

スタートラインが同じだから

大学生に入る前からプログラミングをやっている人はほんとに一握りです。

ほとんどは大学生や社会人になってから勉強を始めます。数学や英語のように小学生からの積み重ねではないため、Fランク大学生でも問題ありません。

みんなが同じスタートラインですので、出来るだけ早い時期に始めた方が良いでしょう!

 

例えば、大学生でプログラミング経験者と未経験者だとどちらが就職で有利かわかりますよね?

どんだけ素質が高くても、プログラミングは言語なのである程度のレベルに到達するためには大量の時間が必要になります!

 

周りより先にプログラミングを始めて、市場価値を上げてしまいましょう

関連記事

合わなかったらやめる選択肢を取れるから

大学生のときに始めることで、プログラミングをしない選択肢も検討できますよね。

社会人になってプログラミングを使わなくてはいけない環境になると、いやでも勉強し使う必要があります。

大学生のうちに自分とプログラミングの相性を調べることで、今後のキャリアを選択するときに参考にできるんですよね。

 

プログラミングと自分の相性が悪かった場合、プログラミングを使用しない職種にエントリーできますよね。

ITに触れたことない人が、憧れだけでプログラミングを使う会社に入ってすぐ辞めているのを何回も目撃してきました。

 

大学生であれば失敗したところで問題ありませんが、就職のタイミングで失敗すると痛手を負うことになります。

大学生のうちにプログラミングを始めてみて、自分との相性を調べてみましょう!

 

ここまで大学生にプログラミングをおすすめする理由を書いてきましたが、どうやって学ぶのが良いでしょうか?

関連記事

>>Fラン大学生が最速で年収600万円を確実に狙う方法【最初に読む記事】

>>【就活】Fラン大学生が目指すなら”IT業界”しか、ありえないわけとは?

スポンサーリンク

大学生がプログラミングを学ぶなら、プログラミングスクール一択!

私がプログラミングを勉強しているときはあまりなかったのですが、現在は勉強出来る環境が用意されています。

大学生でも1からプログラミングを学ぶことができます!

無料で学べる教材もあるけど、なぜプログラミングスクールなの?

それは一人で勉強すると挫折するからです。合う合わないの判定って自分でもできるんですけど、そうなるとすぐ「合わない」って言い出して挫折するんですよね。

  1. わからない点はメンターが解決できる
  2. お金を払うことでリスクを背負って本気で向き合うことができる

ふたつの理由から絶対にプログラミングスクールのほうがいいです。

 

無料だと「挫折して、辞めてもいいや」くらいの気持ちで勉強を始めるでしょう?するとほとんどがプログラミングの楽しさにたどり着く前に辞めちゃうんですよね。

TechAcademy[テックアカデミー]

テックアカデミー

TechAcademyはオンライン完結型のプログラミングスクールです。

家にいながら、進めることができるのは嬉しいですよね。天気悪い日に予備校に通っていた受験生なら、家にいながら学べるありがたさを感じることができるはずです。

 

また、パーソナルメンターがつくなどサポートが厚いです。初級者から上級者まで多くのコースを選択することが出来ます。

プログラミング言語の種類も豊富です。

それだけでなくフロントエンドコースやwebアプリケーションコースなど、単一言語だけに絞らずに成果物目線でコースが設定されているのも魅力的なポイントです。

テックアカデミーの良い点まとめ
    • どこでも受講可能!
    • 専属のメンターに質問し放題!
    • 数多くのコースから自分に合うものを選択可能!

 

プログラミングスクールに迷ったらTechAcademyがおすすめです!

\大学生には、TechAcademyが一番おすすめ!/

TECH::CAMP

TECH::CAMPは、カリキュラムが決まっていて自分で進める形のスクールです。特徴としては全国各地に拠点を構えておりオフラインで質問できることです。

プログラミングの画面や動きを見ながら直接指導してもらえる点は初心者にとってありがたいですよね。

オンラインだとどうしてもわからないときに教えてもらうハードルが高く感じます。直感的な動きなどは実際に見ながら教えてもらいましょう。

\自分のペースで進めたい人におすすめ!/

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾はマンツーマンで丁寧に教えてくれるところが強みです。
対面やskypeによる面談で不明点を解消することができます。また就職や転職が完了するまで面倒をみてくれるところも良い点でしょう。
フリーランスの人で案件獲得後にできるか不安な場合、アドバイスをもらうこともできるようです。
まずは無料体験を受けてみて、自分と合うか確かめてみましょう!

【Fランでも18歳でも大丈夫】大学生はプログラミングやれ!3つのメリットを解説のまとめ!

大学生がプログラミングを始めるべき理由を解説しました。ITが技術革新によって加速しているので、今後はますますエンジニアの需要が高まることが予測されます。
大学生から始めることで周りに差をつけて、今後の人生をイージーモードにしましょう!
ただ、ひとりで勉強するとわからない点があったときに詰まってしまいます。大学生でプログラミングを質問できる人が周りにいるでしょうか?
プログラミングスクールに入れば、メンターが付くので不明点があっても問題ありません。
まずは、無料体験だけ受けてみてはいかがでしょうか
当記事で紹介したプログラミングスクールの一覧
関連記事
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう