Fラン就活

Fラン大学卒で就職はどうなるんだろう。。。

Fラン大学から一流企業にいく方法はないだろうか?

Fラン大学でどんなことを学べば、就職有利になるんだろうか?

そんな悩みを持っているFラン大学生に、「プログラミングを勉強すれば就活で無双できる話」をお届けします。

僕はFラン大学から、東証一部企業のIT系コンサルティングファームに内定をもらいました。

 

自己紹介

 

IT系の企業では僕と同じくらいの偏差値大学卒業でも、プログラミングを勉強して良い企業に内定している人がいます。

(Yah◯◯とかソフトバ◯クとか、他にはN◯C、富◯通、Can◯n等)

 

そんな実例をもとに、以下の構成で当記事は執筆されています。

  • Fラン大卒が就活で不利な理由
  • Fラン大卒がプログラミングを習得すると就活で高評価される理由
  • Fラン大卒がプログラミングを学ぶ方法

 

当記事は、5分で読めます。

わずか5分後には「Fラン大学生でもプログラミングをすれば、就活が楽勝になる」という理由が理解できるのでぜひ一読を!

 

この記事を読んだ人は、以下の記事を読んでます。

>>【Fラン大学生】おすすめの就活エージェント3選!【20社比較して厳選】

>>【FランOK】現役フリーランスSEの僕が大学生の時に通いたかったプログラミングスクール3選

スポンサーリンク

プログラミングをしていないFラン大学生が直面する問題

プログラミング

Fラン大学生が就活で不利な理由は「仕事ができない」と思われているからです。

勉強という答えのあるもので結果が出せなかったことは、仕事にも影響すると考えられています。

もちろん仕事になれば結果を出せる、ごく一部の人もいますが、ごく稀でしょう。

また他の大学生に比べて、努力ができないと思われています。

「スポーツや学力で結果を出すための努力をしてこなかったので、Fランク大学にいるのでは?」と考えられているからです。

 

全ての学生を見る時間が無いので、学歴が高い学生を中心に見ていくのが今の就活の実態なのです。

関連記事

>>【Fラン大学生なら、この資格を取れ!】就活で無双するためのおすすめ資格3選

>>Fランから大手企業へ内定するたったひとつのコツ【知らないのはあなただけ?】

スポンサーリンク

Fラン大卒がプログラミングを習得すると就活で高評価される理由

プログラミングが高評価

Fラン大学生がプログラミングを習得するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

具体的には、次の3つです。

    • 純粋にプログラミングの知識が評価される
    • 何かを継続して学べるという努力が評価される
    • プログラミングは上位大学生は手を出さない

    順番に説明していきますね!

    純粋にプログラミングの知識が評価される

    プログラミングができることで、評価される世界があります。

    GoogleやマイクロソフトなどのIT系企業が該当します。

    プログラミングができる学生はIT系の企業にとって、喉から手が出るほど欲しい人材です。

    また他の大学生は、プログラミングできないんですよね。

    その点でも、プログラミングできる人の評価は相対的に上がります。

    現在の日本では自分から、プログラミングを学ぼうと行動しないと学べません。

    義務教育の一部ではないことで、誰でも勉強できることではないからです。

    上記理由より、Fラン大卒でもプログラミングを勉強することで就活無双に近づくでしょう!

     

    また自社でシステムを構築したり、IT部門を配置する企業が多くなりました。

    その結果、IT系企業以外でもIT系人材の需要が上がっています。

    プログラミングを勉強することで、IT全般を理解するので、企業からも評価され就活でも無双できるわけです。

     

    関連記事

    >>【就活】Fラン大学生が目指すなら”IT業界”しか、ありえないわけとは?

    「何かを継続して学ぶことができる」という努力が評価される

    「何かを継続して学ぶ姿勢」は、就活で高評価につながります。

    英語でも会計でも武器がひとつでもある人は、強いですよね。

    プログラミングの場合でもそれは同じです。

    何かを継続して勉強する。その結果何かものつくりを経験していれば最高ですよね。

    英語や会計では、ものを作ることはできませんが、プログラミングなら成果を見せることもできます。

    努力の継続→成果物の流れは仕事でも同じです。

    プログラミングを学び、成果を作ることで、他の大学生より一歩社会人に近づいているのです。

    上位大学の学生はプログラミングを勉強しない

    上位大学の学生はプログラミングを勉強しない

    上位大学生はプログラミングを勉強しません。

    その理由は、「わざわざ新しい分野を1から勉強したくない」ということがあげられます。

     

    プログラミングは義務教育で学びません。

    上位大学生は英語や数学といった今までに学んできたことで市場価値をあげようとします。

    そのせいで失敗したら...と考えてしまいプログラミングという新しい勉強は避けるんです。

     

    頭の良い彼らはおそらくこう考えるでしょう。

    「学歴もあるし、大学の成績をある程度とって、あとは今まで勉強してきた英語を伸ばしておこう」

    経営学科や会計学科は簿記を勉強しますが、それ以外の学部は基本的に英語を勉強する傾向があります。

     

    上記理由から上位大学生はプログラミングを勉強しません。

    なので、Fラン大学生が狙う市場にふさわしいと言えるでしょう。

    関連記事

    >>Fランから大手企業へ内定するたったひとつのコツ【知らないのはあなただけ?】

    Fラン大学生がプログラミングを学ぶ方法

    プログラミングを学ぶ

    プログラミングを学ぶと就活で高評価されることがわかりましたよね。

    では、どのように学べば良いのでしょうか?

    Fラン大学生がプログラミングを学ぶ方法は、以下の3つがおすすめです。

    1. プログラミングサイトで勉強する
    2. プログラミングスクールに入る
    3. プログラミング本を購入し勉強する

    それでは順番に説明していきますね!

    プログラミングサイトで勉強する

    progate

    一番安価で基礎知識を身につけることができるのがプログラミングサイトです。

    プログラミングサイトは以下の二つがおすすめです。

    基礎の基礎から勉強することができるので、誰でもできる仕組みになっています。

     

    ただし、無料のプログラミング学習サイトにはデメリットもあります。

    行き詰まりでピンチになっても誰も教えてくれない

    行き詰まりでピンチになっても誰も教えてくれない

    Fラン大学生は決して自習能力が高い訳ではありません。

    そのため、エラーが出てわからなくなるとすぐ投げ出してしまうことも。。。

    そんなときはメンターをつけることをおすすめします。

    プログラミングスクールに入れば、超初歩的な質問でも答えてもらえるのでおすすめです!

    就職にプラスになるとは限らない

    無料のプログラミングサイトはあくまで勉強のサイトです。

    なので成果物の作成まではサポートしていません。

    就活に活かすことを考えるのであれば、成果物を作りエントリシートのURLを貼ってみてもらうのが良いと思います。

    しかしそのときにちゃんと成果物が作られているか確認できませんよね。

    また、就職に役立つプログラミング言語を使っているか、判断できますか?

    無料で気軽に勉強できる分、大変なことも多いでしょう。

    独学は挫折の可能性も高いです。

    次はそんな独学のリスクを軽減する対策を紹介しますね。

    プログラミングスクールに入る

    プログラミングスクール

    プログラミングサイトでの勉強が完了したら、プログラミングスクールに入りましょう。

    プログラミングスクールはメンターとなる講師が付きます。

    メンターと二人三脚でプログラミングを勉強していきましょう。

     

    就活のためにプログラミングの勉強を進めていますが、ある程度のレベルまで行くとバイトでもプログラミングで稼げるようになります。

    月に20万以上なんて余裕で稼げます。

    メンターに教えてもらいながら案件を受注し、20万円以上稼ぐ。

    そんなことも可能です。

     

    転職サポートもしているプログラミングスクールならば、就活対策もバッチリです。

    市場が必要としているプログラミング言語や主流の技術を学ぶことができるでしょう。

    ある程度独学で進んだら、プログラミングスクールがおすすめです。

    プログラミングスクールはテックアカデミーがおすすめ!

    プログラミングスクールはテックアカデミーがおすすめ!

    オススメのプログラミングスクールは、TechAcademy [テックアカデミー]です。

    幅広い技術を学ぶことができるので、将来の選択肢が広がります。

    会社員で1000万円を目指す道、フリーランスでどこでも働ける道、外資系企業を狙う道。

    どれでも実現できるでしょう。

     

    就職がまじかに迫っていて、「プログラミングを学びながら就活も終わらせたい!」と考えている人は、以下の記事を読んでみてください。

    プログラミング本を購入し勉強する

    プログラミングをずっと教わっていると、自分で作る力が弱くなってしまいます。

    わからないところや作りたいものが出来た場合、自分で解決する力が必要となります。

    自分で解決することで今後のプログラミングの勉強は、より加速し自立することができるでしょう。

    \オンラインで自宅にいながらプログラミング習得!/

    デックアカデミー

    • オンラインで全て完結!
    • マンツーマンでのサポート体制!
    • 課題への無制限フィードバック
    • 600社、30,000名を超える教育実績!
    • 23時までチャットサポート可能

    無料 テックアカデミーの公式はこちら

    リンク先:https://techacademy.jp/

    わずか30秒で簡単登録!

    Fラン大卒でもプログラミング技術を取得すれば就活無双できる話のまとめ

    Fラン就活

    Fラン大学生にプログラミングをおすすめする理由を紹介しました。

    おさらいしましょう。

    • 純粋にプログラミングの知識が評価される
    • 何かを継続して学べるという努力が評価される
    • プログラミングは上位大学生は手を出さない

    以上の理由からFラン大学生がプログラミングを勉強すると、就活戦線で無双できそうですね。

     

    プログラミングの勉強方法は、以下の通りです。

    1. プログラミングサイトで勉強する
    2. プログラミングスクールに入る
    3. プログラミング本を購入し勉強する

     

    ただし、プログラミングサイトで勉強しただけだと、就活でプラスになりません。

    なので、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

     

    まずは、「無料のサイトで勉強してその後スクールへ」という人はもれなく挫折しています。

    プログラミングを一人で始めるのは難しい。だから誰もやらないし、やろうとしない

    プログラミングで挫折や行き詰まりを感じる人は87.5%です。

    そんな難しい勉強をFラン大学生が一人で初めても、挫折して辞めるだけです。

    「プログラミング向いてないから辞めた」という、もっともらしい言い訳で逃げるだけ。

     

    それならばまずは無料でプログラミングスクールを体験してみてはどうでしょうか?

    メンターが合うようであれば、そのまま継続。

    合わなければ辞める選択肢を取れます。

     

    無料なのでノーリスクです。

    ぜひここまで読んでくれたFラン大学生は、プログラミングに触ってみてくださいね。

    \オンラインで自宅にいながらプログラミング習得!/

    デックアカデミー

    • オンラインで全て完結!
    • マンツーマンでのサポート体制!
    • 課題への無制限フィードバック
    • 600社、30,000名を超える教育実績!
    • 23時までチャットサポート可能

    無料 テックアカデミーの公式はこちら

    リンク先:https://techacademy.jp/

    わずか30秒で簡単登録!

    【超厳選】この記事を読んだ人にオススメの記事

     

    あわせて読みたい!

    >>【1時間で!】プログラミングスクールに通うための費用をPC1つで作る方法

    >>Fラン大学生が最速で年収600万円を確実に狙う方法【最初に読む記事】

    >>【Fランでも18歳でも大丈夫】大学生はプログラミングやれ!3つのメリットを解説

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう