スポンサーリンク

転職活動をしているとストレスや普段と違う緊張感などから疲れてしまうことがありますよね。当記事では、転職活動中に疲れたときにどうするか、どう考えたら良いかを紹介します。

 

私自身2回転職活動をしており、1回は途中で辞めてしまいました。もう1回は転職して年収150万円アップを勝ち取りました。

この記事はこんな人にオススメ!
    • 転職活動に疲れてしまった人
    • 転職活動に前向きになれない人
    • 転職活動中に辛い、辞めたい、休みたいと感じた人

 

これは僕自身が経験した悩みを列挙したものです。
周りの人に聞いてみても、ほとんどの人が同じような悩みを抱えていることがわかりました。

 

この記事では、

  • 転職活動には、どのような疲れの原因があるか?
  • 転職活動に疲れてしまったらどうするか?

の順で説明します。

 

5分くらいで読めるので、転職活動で悩んでいる方はぜひ一読を!

 

すぐに退職したい人が読む記事!

退職代行を使いたい!! でも...
・退職代行業者が、多すぎて選べない。
・結局、どれがおすすめなのかわからない。

そんな声に応えて、利用者が本当に信頼できるおすすめな退職代行を3社に厳選しました!

利用者が選んだ退職代行業者とは?答えはこちら→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

転職で疲れてしまう要因

転職活動中に直面する悩み

まずは転職活動が疲れてしまう要因を紹介します。私や友人、知人から聞いたところでは以下の5つが該当します。

転職で疲れてしまう要因5つ!
    1. 不採用続きで精神的に辛い
    2. 現職と転職活動で時間的に余裕がない
    3. 初めての人、会社で話すので精神的に疲れる
    4. 休日も面接の準備などに体力を使う
    5. 失敗できないと言うプレッシャーがある

読者の皆さんも同じような経験があるのではないでしょうか?

不採用やプレッシャーによる精神的な疲労から初めての人と話すことが苦痛となる方もいますよね。

また時間的な余裕もなくなります。休日は準備に追われ、平日は現職+転職活動(面接等)で休む暇もないですよね。

 

気づくと精神的にも体力的にも辛い状態となり、「いっそこのまま転職を辞めてしまおうかな」と思ったりしないですか?上記のような悩みは転職活動を経験すると誰もが通る道ですね。

 

では、転職活動をした経験者は、どのように転職活動の疲れを乗り越えたのでしょうか?

転職活動に疲れたときにした方が良いこと

ここから本題である、「転職活動で疲れたときにした方が良いこと」を紹介していきます。それぞれ自分に合う合わないがあるので実践してみてください。

転職活動に疲れたときの対策法1 転職活動を一時的に中断してリフレッシュする

リフレッシュする画像

転職活動を一時的に中断することもありだと思います。一週間休む程度では転職活動に支障が出ることはないです。

なぜならお盆休みや正月休みなど、一週間以上空くこともありますよね。例えばそのときを計算に入れて転職活動をすると言うのも一つの手段です。

疲れたときは一週間くらい時間をあけて、リフレッシュしてから再度転職活動に取り組みましょう!

転職活動に疲れたときの対策法2 会社や仕事以外の友人と話す

会話の画像

仕事以外の話をする時間も有益ですよね。美味しいものを食べたり、愚痴を話したり遊びに行ったり。

そういう時間を過ごすことで頭から転職活動が一時的に離れるのではないでしょうか?

疲れる一つの原因として、現職と転職活動のことでずっと頭を使うことが挙げられます。精神的にも体力的にもきついですよね。

旧友と会って思い出話やこれからの話をすることで緊張感がほぐれまた転職活動を頑張ることができるのではないでしょうか?

転職活動に疲れたときの対策法3 自己分析をやり直す

自己実現へ

疲れたときに自己分析をやり直すと聞くと疲れてしまいそうなイメージがありますが、原体験や思いでを振り返ることは転職活動においても重要です。

自己PRの考えすぎで元々の自分の性格や長所を忘れていませんか?

もしかするとどう言うことが得意で好きか思い出せるかもしれません。自分の見直しは疲れているときだからこそ大切なものが見えることもあります。

疲れているときこそ自分の好きなことを見直して、それを転職活動に活かせるように考えてみましょう!

転職活動に疲れたときの対策法4 なぜ落ちたかを分析する

スーツの男性の写真

疲れているときに落ちた原因を見つめるのは大変なことかもしれません。しかし、ここで見直すのは自分ではありません。

例えば市場、クライアント企業の状況です。元々採用人数が少なければ「しょうがない」と割り切ることも必要です。自分以外にも落ちた原因はあるものです。

疲れているときはそう言う分析をして他のものに責任をなすりつけて前を向きましょう!もちろん自分の中の落ちた要因も元気なときに分析しましょう!

転職活動に疲れたときの対策法5 スケジュールを短期集中型に変更する

スケジュール見直し

スケジュールを組み直すと言うのも一つの重要な要素です。初めて転職活動をすると休む期間を設けず、突っ走ってしまいますよね。

その結果疲れてしまい、自己嫌悪に陥ります。そのまま転職活動からリタイアしていまいそうになるでしょう。

まず一度スケジュールを見直して休む期間と転職活動する期間を分けましょう!短期間でサイクルを回した方が集中できるのでおすすめです。

休む期間は面接や準備を入れないことも考慮してスケジュールを組みましょう!

スポンサーリンク

転職活動で疲れたときにした方が良いこと5つを経験者が教えますのまとめ!

転職へ

転職活動中に疲れたとき対処法が良いことを紹介しました。

ここを乗り越えれば新しい自分に会えるので踏ん張りどころです。また休みと転職活動を両立できるようなスケジュールを組んで、選考にフレッシュな状態で進みたいですよね。

転職エージェントにも疲れたときに相談してみることも重要です。そして選考の期間を少し遅らせることも考慮しましょう。

エージェントは転職活動を辞めることを嫌うので、遅らせることに関しては最大限配慮してくれます。

 

私がdodaを使っているときは、そう行ったスケジュールに関しても相談に乗ってくれました。また転職活動で、疲れたときや現職が忙しいときにもアドバイスをくれたのでおすすめです。

またエンジニア転職ならレバテックキャリアも良いですね!

エンジニアの場合に技術の話が伝わらないとそれだけでストレスがたまります。そんなときはエンジニア専門の転職エージェントを使うことでストレス軽減になります。

エンジニアの方は専門エージェント一択です!

そもそも転職先が決まっても退職しにくい。。。そんな場合は以下の記事を読んでね!

 

転職を考える人は、以下の記事がおすすめ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事