Fラン大学生が”中退”を考えた時に読まないと後悔する記事【ニート】

Fラン大学を卒業するくらいなら、中退して別のことをした方がいい

なんてことが巷で言われています。僕もそう思います。

 

とはいえ、

  • Fラン大学を中退するメリットは?
  • Fラン大学を卒業するメリットは?
  • Fラン大学を中退した人はどうなるの?

などがわからないですよね。

 

そこで元Fラン(偏差値35)大学生だった私が、「Fラン大学を中退するときに考えたいこと」を説明します。

僕の友人は、Fラン大学を中退し会計事務所で働いています。中退経験者の意見も載せるので、ぜひ参考にしてください!

 

具体的には、

  1. Fラン大学を中退する前に考えたい3つのこと!
  2. Fラン大学を中退するデメリット
  3. Fラン大学を中退するメリット
  4. Fラン大学を中退した僕の友人の話
  5. Fラン大学を中退するなら、おすすめのルート

を要点だけまとめて、わかりやすく紹介しますね!

 

この記事は、約5分で読めます。

Fラン大学を中退するときに、考えておくべきことがわかるのでぜひ一読を!

関連記事

>>【卒業までに】20卒で今も就活してるあなたが最速で内定獲得する方法

>>現役フリーランスSEの僕が大学生の時に通いたかったプログラミングスクール3選

スポンサーリンク

Fラン大学を中退する前に考えたい3つのこと!

Fラン大学を中退する前に考えたい3つのこと!

Fラン大学を中退する前に、考慮しておくべきことがあります。

  1. 別の高偏差値大学へ編入する
  2. 休学する
  3. 企業でインターンとして働く

順番に説明しますね。

別の高偏差値大学へ編入する

ただ単にFラン大学を中退するだけだと、大卒資格を取ることができません。

それならば、現在の大学生という立場を利用して、別の大学に編入するのが良いでしょう。

現在「友人が大学にいない」「講義がつまらない」などの悩みを抱えている場合、編入して環境を変えるのもいいですね。

中退して働き始める前に、別大学への編入を考えてみてはいかがですか?

 

\編入に関しては、以下の記事を参考にしてください!/

休学する

休学する

中退するのではなく、休学して一年間別のことを行います。

就活では不利になる可能性もありますが、それでも一年間を自由に使って何かに打ち込むのは、今後の人生において、大きなプラスになるでしょう。

休学中は学費もかからないので、経済的にもいいですね。

 

例えば一年間休学して、「フリーランスとしてがっつり仕事する」「インターンで働く」「世界を旅する」等大学生ならではの使い方ができるのがポイントです。

もしやりたいことがあって、Fラン大学の中退を考えている人は休学も考えてみましょう。

 

中退すると失敗した時に戻ることができません。リスクを考えると休学して、やりたいことに挑戦する方が良い選択でしょう。

それで成功したら大学を辞めればいいだけの話です。

インターンとして企業で働く

インターンとして企業で働けるのは、大学生のメリットかもしれません。

企業によって募集要項は変わるのですが、四年生大学に通う学生だけと決まっている場合もあります。

新卒で「大卒」の肩書きを持った優秀な学生を囲い込むためですね。

 

もし大学を中退してしまうと学生ではなくなるので、インターンの重みが変わってきます。

就職を前提としたインターンかバイトみたいになってしまうことも。

大学生ならではのメリットとして、インターンで様々な企業で働けることをあげました。

スポンサーリンク

Fラン大学を中退してはいけない2つの理由!

Fラン大学を中退してはいけない2つの理由!

Fラン大学を中退すると、どんなデメリットがあるでしょうか?

それは以下の二つです。

  • 大卒の資格がなくなる
  • 就職、転職しにくい

順番に紹介しますね。

大卒の資格がなくなる

大卒の資格がなくなっても、ほとんど問題ありません。

しかし、恋愛などではいまだに「大卒」の肩書きを見るひともいますね。婚活パーティでは、学歴で差別されることもあります。

 

他にも世間的な評価がひとつ下のイメージですね。

大卒が世の中のほとんどなので「大卒でない人」は「なんで?」と好奇心を向けられるでしょう。

 

目的があって中退する場合なら、周りの目も気にならないですし、聞かれた時も明確に答えることができますよね。でもニートになるとかはダメです!

関連記事

>>【Fランと高卒はどっちがいいの?】元Fラン大生の俺が終止符を打つ!

>>Fラン大学と専門学校どっちがいいの?元Fラン大学生が両者のメリットを解説!

就職、転職しにくい

大卒の資格を持った人を募集している会社はいまだに多いです。

普通の経歴の人を欲しがっている企業が多く「高卒で起業経験ありなどの尖った才能」より「大卒で新卒から5年間同じ企業で働いた人」を欲しがるでしょう。

今の日本では、大学の肩書きがないひとはレールから外れていると認識されてしまいます。

将来、転職を考えている場合には大卒の資格を手に入れましょう。

 

就職に関しても大卒の方が、門出は広いです。目的がなければ大卒の資格を持っておく方が、良いでしょう。

関連記事

>>【絶対内定!】Fラン大学生向けのおすすめ就活エージェント3選【30社比較】

Fラン大学を中退することで得られる2つのメリット

Fラン大学を中退することで得られる2つのメリット

Fラン大学を中退するメリットは、以下の通りです。

  • 時間ができる
  • 学費が浮く

つまり、大学中退で得られるのは、「お金」「時間」なのです。

 

それを自分のやりたいことに費やすことができるのが、大学中退のメリットになるでしょう。

順番に説明しますね!

時間ができる

大学に行く時間が丸々開くので、時間には余裕ができますね!

大学の代わりに費やしたいことがある場合、中退することで打ち込むことができます。

 

例えば、webサービスを作ったりブログを書いたり。フリーランスになることもできるでしょう。

また普通に働き始めれば、大学生よりお金を稼ぐこともできます。

 

余った時間をどのように使うか明確にしてから、中退することで有意義な時間となるでしょう。

学費が浮く

大学の学費は年間で100万円くらいのことが多いです。(私立文系)

国立の場合はもう少し安いですが、それでも高価ですよね。

ほとんどの大学では学費免除の特待生制度があります。「学費が浮くから、大学やめよう」なんて考えているのであれば、特待生になればいいですね。

 

お金を別の道に使いたい場合、大学を中退することも考えた方が良さそうです。

Fラン大学を中退した僕の友人の考え

Fラン大学を中退した僕の友人の考え

僕の友人の話を最後にします。

僕の友人は、Fラン大学を2年次の冬で辞めて就職しました。もともと知人の関係でバイトをしていた会社です。

バイト先は小さい会計事務所でした。初任給は19万円だったと思います。(残業代別)

 

彼は、「結局、Fラン大学を卒業しても僕が就職するような企業に入る人がほとんどだから、今入った方が生涯賃金は高くなる」と言っていました。

さらには「会計事務所ということで将来的には、簿記や税理士の資格を取って開業することもできる」と。

結構、将来のビジョンがしっかりとしたんですよね。(もともと簿記の2級は持っていましたし。)

 

なので中退しても問題なく、社会人として働いているのでしょう。

具体的な人生のビジョンがあれば、中退してもいいと私は考えています。

 

ちなみに会計事務所などは、「大卒」の経歴がなくても転職できます。というのも会計系の専門学校を卒業して就職する人もいるからです。

業界や業種によって学歴の重みが変わるので、気をつけてリサーチしたいですね!

関連記事

>>Fラン大学生が就職できないのは嘘!みんなは知らないホントの事情【真っ黒】

>>Fランから大手企業へ内定するたったひとつのコツ【知らないのはあなただけ?】

Fラン大学を中退するなら、先に「就職」や「やりたいこと」を決めてから!

Fラン大学を中退するなら、先に「就職」や「やりたいこと」を決めてから!

Fラン大学を中退するなら、将来のビジョンを決めておいたほうがいいです。

ただ通っていれば卒業できる大学をわざわざ辞めるのは、少し勿体無いように感じます。

それを超えるくらいのメリットが見つかれば、即辞めて問題ないでしょう。

 

「友達がいない」とか「つまらない」とかネガティブな理由で辞める場合、仕事でも同じことが起こると思いませんか?

仕事場に友人はいませんし、面白い仕事はほとんどありません。

おそらく、大学より辛い状況が待っていることでしょう。

 

それを変えるためには、大学生の間に行動するしかありません。中退でも大学に通うでも構わないので、ぜひ行動は続けてください。

中退する人にオススメなのは、プログラミングスクールに通って就職!

中退した人にオススメするのは、プログラミングスクールに通って、就職することです。

プログラミングスクール上がりの時点で、就職は簡単です。学校に行っている無駄な「時間」「お金」を一部だけ利用すれば、IT企業の就職までセットになります。

IT系のスキルは死ぬまで使えるので、若いうちに身につけるのがオススメです。

 

もし中退したら何をすればいいか迷っている人は、Fラン大学生が最速で年収600万円を目指すルートを読んでみてください。

超具体的に年収600万までの「道のり」や「やるべきこと」を書いています。特別なことではなく凡人でもできることを書いているので、誰にでもできますね。

 

\将来に悩んでいるFラン大学生は読んでみると将来の不安が軽減するかも!/

 

関連記事

>>【就活】Fラン大学生が目指すなら”IT業界”しか、ありえないわけとは?

>>Fラン大学生が公務員になる方法とそのリスクを解説【本当に安定?】

>>【絶対内定!】Fラン大学生向けのおすすめ就活エージェント3選【30社比較】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう