Fラン大学生が人生逆転するために必要な行動3つとダメな戦略5つ!
Fラン大学生の将来は絶望。

そんなことを言う人もいます。

しかし、Fラン大学生でも人生逆転して、高学歴に負けないほど優雅な生活を送っている人もいるんですよね。

 

そこでこの記事では「Fラン大学生が、人生逆転するために必要な行動3つとダメな戦略5つ!」を紹介します。

僕のプロフィール
  • 偏差値35の文系Fラン大学出身
  • 大学時代に簿記や英語を勉強、続かず。
  • プログラミングを勉強し、20代で年収630万円の会社員へ
  • 28歳でフリーランスエンジニアとして、年収は900万円ほど。
正真正銘のFラン文系です!(泣)

 

様々なことを勉強したり、友人の挑戦を見てきた中で「成功するためには、これをやればいいんだな」というのを感じました。

僕のプロフィールを見て「大したことないな」と思った人は読まなくても大丈夫です。

この記事を読めば、Fラン大学生が人生逆転するまでの具体的な戦略を理解できます。

 

この記事で説明すること
  1. 人生逆転の基準とは?
  2. 絶対やってはいけない戦略5つとその理由!
  3. 人生逆転するためにするべき行動3選!
  4. 必要なことは「行動力」「リスク」「継続力」
  5. この記事のまとめ

正直な話、他の記事には書いていない実経験を元とした、本質ばかりの記事になってます。。

 

この記事は、わずか10分で読めます。

資格」「編入」「大学院進学」なんて、そんなつまらない話はしないです。

なので、Fラン大学生で人生逆転を狙っている人は、絶対に最後まで読んでくださいね!

あわせて読みたい!

>>Fラン大学生が年収を爆上げするために、絶対に必要なこと!【億万長者】

スポンサーリンク

Fラン大学生がよく言う人生逆転の基準とは?

Fラン大学生がよく言う人生逆転の基準とは?

まず、はじめに『人生逆転の基準』を決めましょう。

お金や会社など、様々なものが指標になりますよね。

友人の数、恋人の有無などは、Fランとは関係ないので一旦基準から除外します。

今回は「お金」「会社」の二つで、人生逆転の基準を考えていきましょう。

人生逆転するためには、年収いくらになれば良い?

人生逆転するためには、年収いくらになれば良い?

お金を基準にすると、人生逆転はわかりやすいです。

生涯賃金年代別の年収などがありますね。

20代で生涯賃金を想定するのは、政治や景気に左右される点もあるので得策ではありません。

そこで今回は20代の賃金で、人生逆転を考えてみましょう。

20代の平均年収

(https://heikinnenshu.jp/kininaru/20dai.htmlからのキャプチャ)

20代の賃金データは、上の画像のようになっています。

20代400万円でも、高く見えますね。

しかし、住所に関係なく日本全体のデータなので、住んでいるところを加味すると違ったデータになります。

東京都20代の平均年収は379万円、でもそれで人生逆転?

https://heikinnenshu.jp/todofuken/tokyo.html#chapter2からのキャプチャ

東京の場合、20代で400万円弱が平均ってところでしょうか。

 

20代400万円で、逆転したことになるでしょうか?

「東京都全住民の平均年収である612万円を超えて、はじめて人生逆転したと言えるのではないか」と僕は思います。

 

なので、この記事での人生逆転のお金基準は『20代年収600万円以上』とします。

人生逆転するためには、どんな企業に入れば良い?

人生逆転するためには、どんな企業に入れば良い?

先ほどの章では、お金を基準に人生逆転を定義しました。

しかし、いくらお金を稼げても、労働時間が長かったらどうでしょうか?

また、高リスクだったり、精神的や体力的にきつい仕事ではやりたくないですよね。

出来るだけ楽に稼ぎたい。

これが正直な気持ちだと思います。

(僕はそうですwww)

つまり、

  • 残業すくない
  • ノルマが無い
  • デスクワーク

が良い企業(職場)と言えますね。

    Fラン大学生の人生逆転の基準を明確にした結果!

    Fラン大学生がいう人生逆転の基準を明確にしましたね。

    人生逆転の基準!
    • 残業が少なく
    • ノルマもなく
    • デスクワークで
    • 20代で年収600万円以上もらえる仕事
    言語化すると具体的なイメージが湧きます。

    この記事では、上記を人生逆転の基準に話を進めます。

    スポンサーリンク

    Fラン大学生が人生逆転するために、絶対やってはいけない戦略5つとその理由!

    Fラン大学生が人生逆転するために、絶対やってはいけない戦略5つとその理由!

    Fラン大学生が人生逆転するために、絶対やっていけない戦略5つとその理由』を紹介します。

    絶対にとってはダメな戦略5つ!
    1. 仮面浪人
    2. 編入受験
    3. 大学院へのロンダリング
    4. 難関資格試験への挑戦
    5. 公務員受験

    難関資格はついては、1年以上勉強しないと取れないものとします。

    公認会計士、税理士、弁護士、簿記一級などが該当しますね。

    それでは理由を説明します。

    一発逆転型は、リスクと競争率が高いから絶対に手を出すな!

    上記の5つは「試験で良い点をとり、合格する」ことを目標としています。

    試験で良い点をとり合格する一発逆転型』には、欠点がふたつあります。

    • リスクが大きい
    • 競争率も高い

    順番に説明しますね。

    一発逆転型は、リスクが大きい

    一発逆転型は、リスクが大きい

    一発逆転型は、リスクが大きいです。

    なぜなら「一年以上(長期間)勉強するもの」だからです。

    (ロンダリングや編入は、ランクによりますが。。。)

    一年勉強して、試験で落ちたらその勉強時間はどうなるでしょうか?

    他のことに使っておけば、確実にレベルアップできたのに。。。

    仮に落ちた場合人生絶望するほど、後悔するでしょう。

     

    就活の面接で「勉強してたんですけど、落ちました」と伝えて評価は上がりますか?

    「合格する努力ができない」「勝負弱い」と評価され、選考を通過することはないでしょう。

    一発逆転型は、競争率が高い

    一発逆転型は、競争率が高い。

    一発逆転型は、競争率も高いです。

    他大学の学生も当然一発逆転を狙っていますし、さらなる成功へ挑戦することでしょう。

    また、大学院や難関資格、公務員は大学生だけでなく、社会人でも狙っている人がいます。

    高い競争率の中、試験の合格を勝ち取れるでしょうか?

    そもそもこの競争の中で勝てるのであれば、Fラン大学にいないはず。

    試験合格で人生逆転しようとするFラン大学生は、途中で挫折するのが予測できます。

     

    では、何をすると人生逆転できるのでしょうか?

    次の章では『Fラン大学生が、人生逆転するためにするべき行動3選』を紹介するので、ぜひ読んでください。

     

    あわせて読みたい!

    >>Fラン大学生が公務員になる方法とそのリスクを解説【本当に安定?】

    >>Fラン大学生が編入を考えた時に読む記事【就活で不利になるリスクも】

    Fラン大学生が人生逆転するためにするべき行動3選!

    Fラン大学生が人生逆転するためにするべき行動3選!

    一発逆転を狙う試験合格型は、避けた方が良いという説明をしましたね。

    この章では、Fラン大学生がしなくてはいけないことを紹介します。

    Fラン大学生がするべきこと
    1. 金と時間を投資せよ!
    2. プロや上位者の意見を聞け!
    3. 積み上げ型のスキルを身に着けろ!

    抽象的なので、順番に説明しますね。

    金と時間を投資せよ!

    金と時間を投資せよ!

    Fラン大学生が人生逆転するためには、金と時間を投資する必要があります。

    では何に、金と時間を投資すれば良いのでしょうか?

    それは「稼げるスキルを身に着ける手段」です。

    稼げる手段を身に着けることで、年収600万円のホワイト環境を実現することができます。

    フリーランスになれと言っている訳ではなく、個人で稼げるくらいのスキルを身に着けることで人生逆転への道が見えてくるのです。

     

    「稼げるスキルとは何か?」という話については「3.積み上げ型のスキルを身に着ける」で説明しますね。

    Fラン大学生というお金にも時間にも余裕がある状態で、将来のために「スキル」へ投資しましょう。

    プロや上位者の意見を聞け!

    プロや上位者の意見を聞け!

    絶対に、プロと上位者の意見を聞くようにしてください。

    以下の人の意見を、鵜呑みにしてはダメです。

    鵜呑みにしてはダメな情報!
    1. 親や友人などの知識がない人達
    2. 教授など専門分野がある人達
    3. SNSなどで流れてくる情報
    信じちゃダメ!

    意見を聞く場合、その道のプロに聞きましょう。

    予備校に通うのと同じ理由ですね。

    • 簿記などの資格なら、資格の大原等のスクール
    • ダイエットならライザップ
    • プログラミングならプログラミングスクール
    • 筋トレならゴールドジム

    その道のプロにお金を払うことは最短で、希望する未来が手に入ります。

    前章でお金と時間を投資しろ!とお伝えしましたね。

    その道のプロにお金と時間を投資することが、一番コスパ良いんですよね。

    絶対に、独学で進めてはいけません!

     

    Fラン大学生が、一番気になる就活。

    就活には、就活エージェントというプロがいます。

    利用料は無料なので、登録だけで就活に関する専門的な個人の問題に合わせたアドバイスをもらうことが可能!

    もしあなたが就活中であれば、下の記事を読んでプロのアドバイスをもらい、内定への道しるべとしてください

     

    参考【Fラン大学生】おすすめの就活エージェント3選!【20社比較して厳選】

    その道を極めたプロの意見を聞きながら、正しい努力を継続することが成功への近道です。

    積み上げ型のスキルを身に着けろ!

    積み上げ型のスキルを身に着けろ!

    僕がこの記事で一番伝えたいのは「積み上げ型のスキルを身につけろ!」ということです。

    記事の序盤で説明した「一発逆転型の試験合格スタイル」は、ほぼ間違いなく失敗します。

    失敗して自信を失くす。

    失敗が怖いから、行動できなくなる。

    そんなFラン大学生をたくさん見てきました。

     

    なので失敗しても努力が無駄にならない、積み上げ型のスキルを身につけましょう。

    積み上げ型のスキル3種!
    1. 英語、簿記などの試験回数が多い資格
    2. ライティングや動画編集など
    3. プログラミング

    順番に少しだけ解説しますね。

    英語、簿記などの試験回数が多い資格

    英語、簿記などの試験回数が多い資格

    TOEICと簿記は一年に何回も試験が実施されます。

    TOEICは10回、簿記は3回。

    他の試験に比べると開催回数が多いので、挑戦回数を増やすことで合格や高得点までたどり着ける確率は高いです。

    しかし二つには、リスクがあります。

    それは、高学歴の学生も試験を受けることです。

    つまり競争率は高く、TOEICも簿記もある程度の点数や級を持っていないと就活では役に立ちません。

    高学歴に勉強で勝てる自信がある場合、この二つの資格で攻めましょう!

    ライティングや動画編集などの資格なしで稼げるスキル

    ライティングや動画編集などの資格なしで稼げるスキル

    ライティングや動画編集などの試験がないものは、積み上げ型のスキルと言えるでしょう。

    フリーランスとしても会社員としても、稼げる実用的なスキルとなってます。

    うまくいけば、大学生から月収20万円を超えることも!

    しかし、二つのスキルには欠点があります。

    それはプロが教えてくれる場所がないことです。

    教材はあるのですが、スクールはほとんど見ません。

    スクールが無いと、継続しにくくなるので注意が必要です。

    Fラン大学生が人生逆転を狙うなら、プログラミング一択!

    Fラン大学生が人生逆転を狙うなら、プログラミング一択!

    僕が一番オススメするスキルは、プログラミングです。

    僕は簿記2級、TOEIC600点を持っていますし、ライティングで文字単価3円以上で執筆してました。

    その上で、プログラミングが一番オススメできるスキルだと僕は確信してます。

     

    Fラン大学生が、プログラミングスキルを身に着けると良い理由を、以下の表にまとめました。(表は横スクロールできます。)

    難関資格 英語、簿記 ライティング、動画編集 プログラミング
    競争率 高い 高い 低い 低い
    即金性(スキルで稼げるか) 稼げない 稼げない 稼げる 稼げる
    リスク
    スクール 有り 有り 無し 有り
    大企業への就職アドバンテージ 大きい 大きい 小さい 大きい
    総合評価 C B B+ A

    英語や簿記は、即金性は有りません。

    大企業へ就職する段階で、初めて効果を発揮する程度でしょう。

    実際TOEICも簿記も対して、有効ではありませんでした。

     

    上記の表からプログラミングが、優れているとわかりますね。

    動画編集やライティングでは、大企業への入社は難しいでしょう。

     

    プログラミングならGAFAをはじめとした外資系やメルカリ、楽天というメガベンチャー。

    NTTデータや野村総合研究所といった高給Sier、PwCやアクセンチュアといった総合系コンサルティングファームなど。

    選べる企業は広がりますし、20代600万円どころか800万円も狙えるでしょう。

     

    上記の理由により、Fラン大学生が人生逆転を目指すなら、プログラミングスキルを身に着けるのがオススメと断言します!

    あわせて読みたい!

    >>Fラン大学生が最速で年収600万円を確実に狙う方法の記事

    >>【就活】Fラン大学生が目指すならIT業界しか、ありえないわけとは?

    Fラン大学生が人生逆転に必要なことは「行動力」「リスク」「継続力」

    Fラン大学生が人生逆転に必要なことは「行動力」「リスク」「継続力」

    プログラミングスキルを身に着けるのが、オススメという話をしました。

    では、どのように身に着けるのが、良いでしょうか?

    この記事でも序盤で説明した通り、プロの指導で勉強するのが成功への最短ルートなんですよね。

    ただ、プログラミングスクールはお金がかかります。

    だから、みんなやらないのです。

    お金というハードルがあるせいで、競争率は低く、狙い目なんですよね。

    Fラン大学生はリスクを承知で踏み込まないと、人生逆転できません。

     

     

    でもプログラミングは無料で勉強できるから、スクールはいらないんじゃない?

    という意見はわかります。

    予備校に通わなくても、テキストがあれば勉強できますよね。

    簿記や英語も、資格の大原に行く必要はありません。

    ダイエットもgoogleで調べてやれば、ライザップに行く必要は無いですよね。

     

    ではなぜ、ライザップがヒットしているのか。

    それは「継続させる仕組みを構築して、結果を出すから」です。

     

    全てのスクールは、教えるためではなく継続して自走できるようにサポートする役目を担っているのです。

    つまり、プログラミングスクールに通わないといけない理由は、挫折するからです。

    Fラン大学生は勇気を出して、身を任そう!

    Fラン大学生は勇気を出して、身を任そう!

    (挫折しない環境を売りにしているTECH::CAMP

    人生を逆転するために必要なことは「行動力」「リスク」「継続力」です。

    時にはリスクを追って、行動しないと成功へ近づけません。

    まずは、プログラミングスクールに申し込むという「時間と金の投資」。

    10万以上お金がかかるところもあるので、金銭的なリスクもあるでしょう。

    しかし、スクールに入れば、継続できる仕組みは揃っています。

    まずは、スクールの無料説明会に申し込む行動。

    そしてその行動を後押しする勇気が必要なのです。

     

    無料説明会や無料体験というノーリスクの機会がありながら、行動できないなら人生逆転はいますぐ諦めてください。

    成功や逆転は、行動を起こした人からしか生まれませんので。

    Fラン大学生が人生逆転するために必要な行動3つとダメな戦略5つ!のまとめ

    「Fラン大学生が人生逆転するために必要な行動3つとダメな戦略5つ!」をご覧いただきましたが、長くなったのでおさらいしましょう。

     

    Fラン大学生の人生逆転の定義は、

    ホワイトな働き方で、東京都の平均年収600万円以上を20代で稼ぐこと

    でしたね。

    人生逆転を狙うFラン大学生がとってはいけない戦略5つ
    • 仮面浪人
    • 編入
    • 大学院へのロンダリング
    • 難関資格試験への挑戦
    • 公務員試験
    Fラン大学生が人生逆転するためにすること3選
    1. 金と時間を投資する
    2. プロや上位者の意見を聞く
    3. 積み上げ型のスキルを身に着ける
    積み上げ型のスキル
    1. 英語、簿記などの開催回数が多い資格
    2. ライティングや動画編集など
    3. プログラミング
    プログラミングがオススメ!

    ここまで具体的に「Fラン大学生が人生逆転するために必要なこと」を書いた記事はあまり無いでしょう。

    この記事を読んだからには、ぜひ「プログラミングスクールの無料体験に行く」という行動を起こして欲しいです。

     

    でもプログラミングが合わなかったらどうしよう。。。

    その悩み、よくわかります。

    僕も全ての人がプログラミングに合うとは思ってません。

    なので、無料体験で「プログラミングが合うか」を確かめて欲しいんです。

    簿記や英語のようにテキストを買う必要もありません。

    ノーリスクで動けるのは、プログラミングスクールの無料体験だけ!

    もし合わなければ、撤退すればOK!

    お金を払ってなければ、ダメージはゼロ!

     

    Fラン大学生にオススメのプログラミングスクールを集めたので「本当に人生逆転したい!」という人は読んでください。

    20代年収600万以上で、ホワイトな働き方を手に入れる第一歩です。

     

     

    この記事を読んだ人は、以下の記事を読んでます。

    現役フリーランスエンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクール

    >>現役フリーランスSEの僕が大学生の時に通いたかったプログラミングスクール3選

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう