スポンサーリンク

退職代行EXITを利用して、中途入社した会社を9日で辞めたなかつです。

今回は退職代行の失敗やトラブルに関してのまとめ記事です。実際に僕も退職代行利用時にトラブルになり、会社へ出社することになってしまいました。

実際に体験した人の観点から、退職代行利用時に少しでも不安がなくなるような記事になっています。

この記事はこんな人にオススメ!
    • 退職代行を使うか検討している人
    • 退職代行で失敗するパターンを知りたい人
    • 失敗しない退職代行業者を選びたい人

退職代行を使う際の不安な部分を、全てこの記事で解決することができます。

約10分程度で読めますので、退職代行を検討中の人はぜひ一読を!

すぐに退職したい人に、読んで欲しい記事!

退職代行を使いたい!! でも...
・退職代行業者が、多すぎて選べない。
・結局、どれがおすすめなのかわからない。

そんな声に応えて、利用者が本当に信頼できるおすすめな退職代行を3社に厳選しました!

利用者が選んだ退職代行業者とは?答えはこちら→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

リンクで飛べる目次

スポンサーリンク

退職代行は失敗しません!

そもそも退職代行は失敗しない

まずはじめに退職代行は、ほとんど場合失敗しません。それは以下の二つの理由からです。

  1. 退職の自由は法律で決まっているから
  2. 主要な退職代行業者は退職率100%だから

順番に説明していきますね!

退職代行が失敗しない理由1 退職の自由は法律で決められているから

「退職に関する自由」が法律で定められています。

民法627条で、以下のように決められています。

1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

2.期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

3.六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

退職をするという行為は、働く人たちに平等に与えられた権利です。

会社が退職を受理してから、二週間を経過することで退職が完了します。しかし、会社が認めた場合は二週間を待たずして辞めることも可能です。

 

二週間の使い方は、以下のような想定です。

  1. 普通に出勤する
  2. 有給休暇として、処理する
  3. 欠勤扱いとなる

普通に出勤できる場合は、退職代行を使うことはないでしょう。なので退職代行を使う場合、有給や欠勤になることが多いですね!

 

退職の自由が決められているため、「退職できない」というケースは見つかりませんでした。今回の記事では「退職時にトラブルになったパターン」として紹介いたします。

退職代行が失敗しない理由2 主要な退職代行業者は退職率100%だから

主要な退職代行の退職成功率を下の表にまとめました。

業者名 退職代行の成功確率
退職代行EXIT 100%
退職代行ニコイチ 100%
SARABA ほぼ100%
辞めるんです 100%
汐留パートナーズ 100%

SARABAが「ほぼ100%」となっていますね。

それは退職代行希望者が「サービスの取りやめ」つまり、退職するのを辞めたという事例の影響となっています。

退職希望者はどのサービスを使っても、絶対に辞められるというデータになっています。

スポンサーリンク

退職代行サービスの失敗、トラブルパターン

退職代行失敗、トラブルケース

前の章では、「退職代行は失敗しない」と宣言しておきながら、失敗するパターンとはどういうことなのでしょうか?

退職代行に依頼して、退職できたんだけど問題が。。。
と、いうパターンですね。
この記事での失敗の定義=「退職できたけど、トラブルが発生した」としますね。

 

退職代行の失敗、トラブルパターンは以下の通りです。

  1. 退職できない
  2. 退職ではなく、解雇扱いになった
  3. 会社からひどい扱いやいじめを受ける
  4. 会社から損害賠償を請求される
  5. 退職後に書類を送ってくれない
  6. 転職先に悪評を流される
  7. 退職代行が実行されない

それでは順番に解説していきますね!

退職代行サービスの失敗、トラブルパターン1 退職できない

退職代行を使う目的は「退職する」ですよね。

あれ?さっき退職に失敗することはありません!って言ってなかった???

はい。退職に失敗することはありません。"主要な”退職代行業者であれば。

現在、退職代行業者は40〜60社あります。私がさらっと調べただけでこの数ですから、本格的に調査した場合は、もっとありそうですね。

一番安いものだと9,800円で、退職代行を行うというものもありました。(主要業者は30,000〜50,000円)

 

ちなみ退職代行が本当に失敗するパターンとして、以下があります。

  1. 退職代行に慣れていない業者が下手をする
  2. 退職ではなく解雇されてしまう

退職代行に慣れていない業者は「会社に電話をかけておしまい」というサービス内容になっています。そのため電話後の調整は依頼者本人がすることになり、失敗するというパターンです。

 

主要な退職代行業者のランキング記事はこちら!→【退職代行業者をランキング】おすすめの5社を経験者が紹介!口コミも掲載!

退職ではなく、解雇になってしまうパターンについては、この後説明しますね!

退職代行サービスの失敗、トラブルパターン2 退職の予定が解雇に?

退職代行の失敗、トラブルケース2

退職代行を実行している途中に「退職じゃなくて、解雇ね!」と突然宣言されることがあるそうです。

解雇になってしまったら転職のときに辛い。。。

退職と解雇の違いについてですが、以下の通りです。

  • 退職→自己都合
  • 解雇→会社都合

会社都合で会社を辞めた場合、履歴書に「会社都合のため」と記述する必要があります。ちなみに記述しないと文書偽造にあたり、次の会社でも解雇される可能性がありますね。

 

ちなみに法律上では退職届けの効力が発揮されるまでは、解雇が可能になっています。

つまり退職届けを受理して2週間後から、解雇することができなくなります。

それだと退職届けを受理せず、解雇にしてくる会社もありそう。
基本的に解雇は、正当な解雇理由がないとできません。例えば、勤務態度が著しく悪い、経費の水増しや交通費の水増しなどの理由が必要です。

 

弁護士がいる退職代行に頼むことで、「正当な理由がない解雇」を防ぐことができます。もし今いる会社が「陰湿な解雇」をするような会社であれば、弁護士のいる退職代行業者を選びましょう!

弁護士がいる退職代行業者は、汐留パートナーズがオススメです!

退職代行サービスの失敗、トラブルパターン3 会社からひどい扱いやいじめを受ける

これは退職代行に限った話ではありませんよね。

僕は2回退職を経験していますが、どちらも誠実に対応してくれました。自分の会社がどういう会社かもう一度理解する必要があるかもしれません。

 

例えば、「私物を返してくれない」というものがあるようです。

退職代行を使う人は、日々の疲れやストレスが溜まり突然爆発して、退職することが多いです。そのときに、会社に私物を置いてきてしまうことがあります。

「私物は郵送で送ってほしい」と退職代行経由で伝えても、「直接取りに来なさい」と言われることもあるようです。

そのときにひどいことを言われたり、不平等な書類を書かされたり、ということがあるようです。

 

僕の場合も退職代行を実施したのに、会社に行くことになりました。詳しくはこちら→【退職代行の体験談】EXITを利用して入社9日の会社を即日で辞めた時の流れ!【写真有】

退職代行サービスの失敗、トラブルパターン4 会社から退職時に損害賠償を請求される

損害賠償の請求

この問題も退職代行だから、という理由起こる問題ではありません。

退職するときに「損害が出たから、損害賠償を請求する」と言われることはあります。しかしほとんどの場合、支払うことはありません。

例えば、退職時に損害が発生して請求する裁判を実施したとしても、ほとんどお金を取ることはできません。さらに費用と時間がかかるので、会社側に裁判をするメリットがないのです。

また会社というグループで働いているので、一人に損害の責任を押し付けるのは無理でしょう。損害が発生しないように、会社で体制を作ることが求められますよね。

 

損害賠償の請求はほとんど無く、もし損害賠償の請求を受けた場合裁判を開くことも考えましょう。

ちなみに弁護士のいる汐留パートナーズに退職代行をお願いすることで、損害賠償請求の問題が発生しても大丈夫ですね!

退職代行サービスの失敗、トラブルパターン5 退職後に書類を送ってこない

一般的に退職する際には、有給を消化してから実際に退職しますよね。

その後書類一式を揃えて、自宅に郵送してくるパターンが多いと思います。「書類を送ってこない」という問題は、退職代行云々では無く、退職行為にまつわるものですね。

 

この問題に関しては、退職代行を利用した方が対処しやすいでしょう。退職後も本人の代わりに離職票や源泉徴収票の請求を行ってくれます。

ただし、退職代行の中には、書類請求をしていないところもあります。

 

書類請求まで含めて行ってくれる退職代行はSARABAEXITニコイチ辞めるんです等の主要系退職代行サービス業者ですね!

EXITの詳しい解説記事はこちら→「退職代行EXITの評判、口コミ、辛口評価!「退職代行の費用がタダになる方法とは?」

退職代行サービスの失敗、トラブルパターン6 退職代行が実行されない

退職代行が実行されない

退職代行にお金を払っても、実行されないケースがあるそうです。もはや失敗というより詐欺ですよね。

これを防ぐ方法は、信頼できる退職代行業者に依頼することが重要になりますよね。

この記事に出てきた以下の退職代行業者に関しては、実績も十分です。依頼するならこの五つの業者から選びましょう。

退職代行サービスの失敗、トラブルパターン7 転職先に悪評を流される

転職先に悪評が流れるパターンは、同じ業界に転職が決まっていてそれを現職の人に教えてしまった場合です。

基本的に転職先を誰かに教えるのは控えましょう。退職代行を使って辞めた事実が次の会社に伝わるのはよくありません。

退職代行もこの辺には、対応できないため自分で情報の管理をしておく必要があります。

 

この問題に関しては、退職代行云々よりも自分の情報管理能力を見直してみましょう!

退職代行で失敗やトラブルとなった実際の事例

実際に起こったトラブル、失敗談

退職代行でトラブルになるパターンは実際に存在しています。

以下の3つのケースがありますので、ぜひ確認して今後に役立てましょう。

  1. 僕が体験した事件
  2. 顧問弁護士登場で会社を辞められない
  3. そもそも退職を希望しなかった

順番に説明しますね!

退職代行で失敗やトラブルとなった実際の事例1 僕が体験した退職代行での事件

退職代行体験談

僕も退職代行を使って、会社を退職しています。

退職手続きの際に、会社まで行く必要がありました。会社に呼ばれた要因は、以下のものでした。

  1. 社内の規定違反の疑い
  2. スマートフォンに会社のアプリが入っている
  3. 退職にあたり、契約書を書く必要があったため

 

社内規定違反の場合、解雇になる可能性もありました。しかし違反していなかったので、問題ありませんでした。

他の二つについては、会社特有の問題なので全員に当てはまるかわかりません。BYODをしている会社の場合、自分のスマートフォンに入っているアプリをどのようにするか確認する必要があるでしょう。

 

詳しくはこちらの記事に記載しましたので、時間があればぜひ読んでください。

退職代行で失敗やトラブルとなった実際の事例2 退職時に顧問弁護士が出てくる

弁護士登場!

退職代行使用時に、企業側の顧問弁護士が出てくることがあるそうです。

弁護士以外の退職に関する交渉は受け付けない」ということを言われたそうです。

 

その退職代行業者は、弁護士が運営するサービスではなかったのでしょう。今でもそのまま働いているとのことです。

主要5社の退職成功率は100%ですから、該当しないようですね。退職代行というサービスが有名になればなるほど、会社側も対策を取るようになってきます。

 

より安全な退職代行業者を選びたいですよね。弁護士が行う退職代行サービスは汐留パートナーズがおすすめです!

退職代行で失敗やトラブルとなった実際の事例3 そもそも退職を希望しなかった

退職代行が失敗に終わったケースで、「利用者が退職を希望しなかった」というのがありました。

退職代行に申し込みをしてから、休職にしたいと心変わりしたそうです。そのため、SARABAでは退職代行成功率が、ほぼ100%となっています。

退職を希望しなかったら、失敗とは言わないですよね!

実際にこういったケースもあったので、念のために紹介させていただきました。

そもそも退職代行は、違法なのか?

退職代行は違法?

退職代行業者が違法になるケースも存在しています。

 

それは以下の通りです。

  1. 弁護士ではない人並びに業者が退職に関する交渉をする
  2. 即日で退職する

 

え?そうなると退職代行業者は、ほとんど違法になるの?
いえ、退職代行は違法ではありません。順番に説明していきますね!

退職代行を利用して違法になるケース1 弁護士ではない人並びに業者が退職に関する交渉をする

退職代行業者のほとんどが、違法になりそう...

退職代行業者は、退職に関する交渉をしていません。では退職代行サービスは何をするのかもう一度確認していきますね。

退職代行業者は、退職希望者の意見を代理で会社へ伝えるという業務になります。ですので違法にはなりませんね。

退職希望者の意向を伝えているだけですので、単なる伝達係という認識です。

 

例えば、残業代の請求や有給消化の意向を退職希望者が持っていたとしましょう。それを会社側へ伝達するのが退職代行業者ということになります。

 

では具体的に、どのようなことが違法になるのでしょうか?

それは以下の通りです。

  1. 法律相談
  2. 示談交渉

となっております。

 

例えば、退職日の交渉や退職金の交渉を行うと違法になる可能性が高いです。しかし退職代行では、似たようなことまで行っているのが現状です。

難しい部分の法整備が追いついていないので、グレーゾーンということになるでしょう。

 

退職代行業者によって対応範囲が異なります。もし気になるようでしたら弁護士がいる汐留パートナーズに相談するのが一番おすすめです!

退職代行を利用して違法になるケース2 即日退職する

ほとんどの退職代行業者が「即日退職」を売りにしているのに...
はい。その通りです。即日退職を売りにしている退職代行業者は多いです。

 

ではなぜ「即日退職」は違法なのでしょうか?それは、民法の627条で決まっているからです。

1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

退職の申入れから、二週間は退職することができません。つまり理論上即日退職はできない仕組みになっています。

 

じゃあ二週間は会社に行かなくてはいけないの?
そんなことはありません。二週間は以下の方法で乗り切ることができます。
  1. 有給休暇を取得する
  2. 欠勤扱いでお休みする

 

上記のどちらかを使って、二週間を乗り切ることができますね。その結果退職代行を使ったその日から会社へ出社することなく、退職することが可能となっています。

つまり退職代行に連絡してから会社に行かない=「即日退職」となるわけです。

 

この部分まで理解してから、退職代行を利用するとスムーズにいきます。ここら辺の疑問に詳しく答えてくれたのはEXITでした。

無料相談もあるので、退職代行申し込みの前に色々質問してみましょう!

退職代行の失敗しない選び方とは?

退職代行の失敗しない選び方

退職代行で失敗するパターンや、トラブルが起こるパターンを説明してきました。

この章では実際に退職代行を使って入社9日の会社を退職した私から、「本当に失敗したくないなら、この退職代行を選べ!」というのを紹介しますね!

それぞれ視点が異なっているので、自分に合う退職代行業者をえらんでください!

 

退職代行ランキングをみる方はこちら→【退職代行業者をランキング】おすすめの5社を経験者が紹介!口コミも掲載!

お金を払って安全に退職したいなら、汐留パートナーズ一択!

汐留パートナーズ

まずは、この記事でも、散々紹介している汐留パートナーズです。

まずは特徴を表にしましたので、確認してください。

相談料 無料
一時着手金 54,000円
オプション費 ※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料
成功報酬 経済的利益の20%
LINE、メール相談 有り
弁護士、法的アドバイス

他の退職代行業者に比べて、高い料金設定になっています。

弁護士が法律的なアドバイスを含め、全面的にサポートしてくれます。もし今いる会社が法律にくわしく、面倒なことになりそうであれば汐留パートナーズがおすすめです。

 

格付けで退職代行サービスを、評価したのでご覧ください。

料金
オプション
安全度
メディア露出度
対応スピード

となっています。

労働組合ができて、より安全に! 退職代行「SARABA」

SARABA

まずはサービスの特徴をご覧ください。

相談料 無料
一時着手金(利用料) 28,000円
オプション費 一時着手金に全て含まれる
LINE、メール相談 有り
弁護士、法的アドバイス ×(しかし会社と交渉可能!

他の退職代行と違う点は労働組合の存在です。これにより会社との交渉が可能になりました。

 

現在、退職代行に関する知識は会社側にも広がっています。会社によっては、以下のように脅してくることもあるようです。

  • 退職代行会社は認めません
  • 損害賠償を請求するぞ
  • 弁護士を通してください

他の退職代行業者では、上記のことを言われた場合に対応できなくなってしまいます。

 

しかし、SARABAは労働組合であるため団体交渉権があります。

もし、会社が労働組合と交渉しなければ不当労働行為になります。SARABAでできることは以下の通りです。

  • 退職日の調整
  • 未払い給料や残業代などの金銭の請求
  • 退職したら損害賠償だと言われた場合の対応

 

最後にサービスの格付けを、以下にまとめました。

料金
オプション
安全度
メディア露出度
対応スピード

主要退職代行サービス業者では、価格が安いです。安全性も高いのでトータルで考えるなら一押しの退職代行業者ですね!

メディア掲載数No.1 退職代行EXIT

EXIT

退職代行の火付け役と言っても過言ではないでしょう。退職代行EXITの紹介です。

メディア掲載数や実績から退職代行と言えば?「退職代行EXIT」と答えられるくらいに知名度が有りますよね。

以下に、サービスの特徴をまとめました。

相談料 無料
一時着手金(利用料) 50,000円
オプション費 一時着手金に全て含まれる
LINE、メール相談 有り
弁護士、法的アドバイス ×

メディア掲載数No1で失敗件数0件の退職代行EXITは、全ての人におすすめです。

結局のところ退職代行で失敗することは少ないですから、弁護士や労働組合に頼む場合は特別なパターンとなるでしょう。

 

退職代行EXITの格付けをまとめました。

料金
オプション
安全度
メディア露出度
対応スピード

退職代行EXITには、サービス紹介の動画もあるので確認してみてください。


退職代行EXITの全ての情報はこの記事にまとめました。→退職代行EXITの評判、口コミ、辛口評価!「退職代行の費用がタダになる方法とは?」

トータルで最もおすすめな退職代行業者

上の三つに関しては、それぞれ強みとなる要素が有りました。

それぞれの強みはわかったけど、結局どれがおすすめなの?
最終的に私が最もおすすめする退職代行業者は、以下の記事に書いて有ります。

退職代行を実施するときに、確認しておくこと

退職代行を実施する時に確認すること

そんなたくさんおすすめされても、どの業者を選べば良いかわからない
そんな人に向けて退職代行経験者から、退職代行の業者を選ぶにあたり「確認しておくべきこと」を紹介します。それは以下の2点です。
  1. 有給消化や残業代の請求が必要か?
  2. 退職代行業者のサービスはどこまでか?

順番に紹介しますね!

退職代行業者を選ぶ場合に確認すること1 有給消化や残業代の請求が必要か?

有給消化や残業代の請求が必要な場合、交渉権を持つ弁護士がいる退職代行が良いでしょう。

 

他の退職代行業者でも依頼者の意向を伝えることはできますが、会社側が屁理屈をつけ断ってくる可能性も有ります。

その場合に法律的な視点から会社と交渉する必要が出てきますよね。その時に初めて弁護士に依頼した強みが発生します。

 

もし有給消化や残業代の請求などで、法律に詳しい人がいた方が安心な場合は弁護士事務所監修の退職代行業者に依頼してください。

弁護士事務所で退職代行を実施するなら、汐留パートナーズがおすすめです!

退職代行業者を選ぶ場合に確認すること2 退職代行業者のサービスはどこまでか?

退職代行業者が、どこまでサービスを展開しているか確認しましょう!

例えば、「失敗した時の返金制度」や「有給消化サポート」など。他にも様々な部分で確認する必要が有りますよね。

自分がどの要素を必要としているか、確認してみましょう。基本的に退職代行は失敗しませんので、その前提で業者選びをして問題ないですね。

 

最もおすすめの退職代行業者は、ランキングにのせて有ります。

退職代行の口コミは?

退職代行の口コミ

退職代行を使った人は、どういう口コミを書いているの?
退職代行の口コミを調べてみました!

どれも前向きに捉えている口コミですね!

退職代行を経験したからのアドバイス

退職代行を経験した私からのアドバイス

退職代行を経験した私からのアドバイスは「仕事を辞めてもどうにかなる」ということです。

それよりも仕事を続けた結果、鬱や精神的な病気を抱えることも有ります。少し昔の話ですが、広告代理店の業務が、ブラックすぎて自殺してしまった人もいましたよね。

退職した場合に今の生活から仕事がなくなり、安定的な給与がなくなり、社会的な信用が落ちるとしましょう。

 

しかし、上にあげた要素は、「命」より重いでしょうか?

 

本当に辛くなった時は、退職代行を使ってまずは逃げましょう。先のことを考えて動けないと、どんどん精神が病んでいきます。

そうなったら正常な判断ができなくなるのです。「死ぬくらいなら仕事辞めればいい」などの考えも精神的に病んでいると飛んでしまいます。

 

辛くなったら、今の環境からすぐに離れてください。その時の手段は出来るだけ「早く」できるものを選択してくださいね!

退職代行の失敗&トラブル集!これを読めば退職代行の全てがわかるバイブル【永久保存版】のまとめ

退職代行の失敗、トラブル集

退職代行の失敗、トラブル集から退職代行業者の選び方まで紹介しました。

 

退職代行業者はそれぞれ改善を繰り返しています。

そのためどの業者も差がなくなってきました。弁護士がいなくても成功率は100%ですので、心配無用でしょう。ぜひ自分に合う退職代行業者を選んで、利用してみてください。

 

最後に退職代行業者と記事のリンクを、もう一度貼っておきますね!

すぐに退職したい人が読む記事!

退職代行を使いたい!! でも...
・退職代行業者が、多すぎて選べない。
・結局、どれがおすすめなのかわからない。

そんな声に応えて、利用者が本当に信頼できるおすすめな退職代行を3社に厳選しました!

利用者が選んだ退職代行業者とは?答えはこちら→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事