Fラン大学生がいつ何をすれば、就活で成功できるのかを年次毎にまとめた!

行動できないFラン大学生
Fラン大学生なんだけど、今何をすべきかわからない。

 

失敗したくない。無駄な努力も嫌。

 

でも就活でプラスになるような、スキルや経験を積み上げたい!

そんな質問をいただくことが増えてきました。

僕もFラン大学生時代には「何かしなくちゃいけない。でも失敗はしたくない」という気持ちを持っていました。

 

そこでこの記事では「Fラン大学生は、いつ何をどのくらいすべきか?」に焦点を当てて、各年次での行動指針をお伝えします。

就活へ向けて何か行動したい人は、読むだけで具体的な行動イメージがわくでしょう。

 

僕のプロフィール
  • 偏差値35のFラン大学文系卒
  • 東証一部上場のITコンサルへ就職
  • 一回転職して、年収630万円
  • その後独立して、年収900万円ほど
正真正銘の元Fラン大学卒です。

 

Fラン大学生に向けたこの記事では、以下のことを紹介します。

  1. この記事をどんな思いで書いたのか?
  2. 1年生でやるべきこと
  3. 2年生でやるべきこと
  4. 3年生でやるべきこと
  5. 4年生でやるべきこと
  6. Fラン大学生がやるべきことのまとめ

 

この記事は、10分で読めます。

Fラン大学生は「いつ何をどのくらいのレベルまですれば良いのか」を詳しく書いているのでぜひ一読を!

スポンサーリンク

この記事をどんな思いで書いたのか?

この記事をどんな思いで書いたのか?

なぜこの記事を書くか、

  • 何をすれば良いのか、わからない人が多い
  • 就活ノウハウに、頼りすぎる人がいる
  • せっかくの大学時代を、無駄に過ごしてる人が多い

という理由があるからです。

 

世の中のWabサイトをみると、就活ノウハウが溢れています。

確かに就活ノウハウは重要です。

就活ノウハウの目的は「自分のスキルや実績をしっかりとアピールすること」ですよね。

しかし、勘違いして就活ノウハウを実践すれば、就活がうまく行くと考えている人も増えて来ました。

就活はこれからのキャリアの第一歩です。

就活ノウハウだけの小手先の準備で良いのでしょうか?

特にFラン大学生は、「スキル」「実績」を積み上げる必要があるのではないでしょうか?

 

Fラン大学生
スキルをつけて、実績を出したい気持ちはある。

だけど、失敗して時間を無駄にするのが嫌!

いつ、何を、どこまでやれば、就活で有利になる?

と考えてしまい行動できませんでした。

 

さらには、

インターン」と「英語スキル(TOEIC)」はどっちを優先?

プログラミング」と「英語」は?

など優先順位で迷うこともあるでしょう。

 

そんなときに指針となる役立つ記事を作りたい!という思いで書きました。

※この記事自体も問い合わせを元に書いた記事です。

質問があるひとはTwitterや当ブログの問い合わせから、連絡いただければと思います。

スポンサーリンク

Fラン大学生が1年生の時にやらないといけないこと3つ!

Fラン大学生が1年生の時にやらないといけないこと3つ!

1年生のときにしなくてはいけないことは、挑戦です。

一番時間があり、悩みがない状態でフットワークが軽い。

その状態で行動する癖をつけたり、挑戦するハードルを下げておきましょう。

Fラン大学1年目でやること!
  • 大学の単位を全てとる!
  • IT、会計、英語の全てに挑戦する!
  • バイトは入れすぎず、どの程度で一ヶ月を過ごせるのか把握する!

順番に紹介します。

大学の単位は、1年生のうちに取っておこう!

大学の単位は1年生のうちに取っておこう!

1年生は時間があるので、全ての単位を取得しましょう。

フル単を取得することで、4年次の就活の時間を確保する狙いがあります。

1,2年目で単位を取れていないと、就活より単位を優先することになり、厳しい状況になるでしょう。

 

僕の場合、4年生の時には週に一回大学へいく状況まで持って行きました。

そのおかげで就活に集中することができました。

IT、会計、英語の三種の神器に適性があるか確かめよう!

IT、会計、英語の三種の神器に適性があるか確かめよう!

IT、会計、英語の全てに一度挑戦してみましょう。

ビジネス界では、三種の神器として挙げられているものです。

上記3つのスキルは市場価値が高く、Fラン大学生が就活をする際の武器になります。

 

IT、会計、英語の全てを継続して勉強するのは、難しいです。

一旦、自分の適性を見る意味で、全てに挑戦してみてください。

自分が向いているものがわかったら、そのスキルを伸ばしましょう。

バイトのしすぎで単位を落とすと将来で跳ね返ってくる!

バイトのしすぎで単位を落とすと将来で跳ね返ってくる!

バイトの入れすぎで単位を落とす人がいます。

バイトで月に20万円稼げたとしても、将来はもっと稼ぐことができます。

さらにいうとスキルを身につけて働けば、もっと短時間でお金を稼ぐこともできます。

将来の稼ぎを最大化するためには、バイトを頑張るのではなく、スキルを磨いたほうが良いです。

プログラミング、会計、英語のどれかを磨くだけで、20代1000万円を目指すことができるでしょう。

バイトは最低限にして、スキルを磨きましょう!

まずは、適性スキルを見極めて、時間が余るようなら適性のあるスキル一つを伸ばしましょう!

Fラン大学生が2年生の時にやらないといけないこと3つ!

Fラン大学生が2年生の時にやらないといけないこと3つ!

2年生になると、就活が少し視野に入ってきますが、それほどではないですよね。

 

しかし、以下の疑問や悩みが出てきます。

  • 何か資格でもとったほうが良いかな?
  • 就活に向けて何か行動したほうがいいかな?

悩んだ挙句、結局動き出せなくなってしまうのがFラン大学生です。

 

それを防ぐためにも、以下の3つは絶対にしてほしいです。

2年生でするべきこと3つ!
  • IT、会計、英語のどれかで実績を出す!
  • 効率的に単位を取ろう!
  • バイトでお金を貯める時期!

順番に紹介しますね!

IT、会計、英語のどれかで実績を出す!

IT、会計、英語のどれかで実績を出す!

1年生のときにはIT、会計、英語に挑戦してくださいと伝えました。

できれば2年生では、自分の選んだスキルで以下のような結果を出しましょう!

スキル 狙う実績やスコア 目安勉強期間 試験時期
プログラミング サービスやアプリの開発、公開 1ヶ月〜3ヶ月 好きなタイミングで
IT系 基本情報技術者試験 合格 1ヶ月〜3ヶ月 4月、10月
英語 TOEIC720点 以上 半年〜 ほとんど毎月
会計 日商簿記検定2級 以上合格 1ヶ月〜3ヶ月 6月、11月、2月

上記のような、スコアを出さないと就活で評価されることはありません。

英語や会計は上の成果を出しても、スキルを活かせる仕事につけるかは微妙です。

上には上がいるので、もし就活以降も「会計」と「英語」を使いたい場合もっと上を目指しましょう。

IT系、プログラミングのハードルは低いのでおすすめ!

英語や会計に比べるとIT系は、難易度とハードルが低いわりにコスパは抜群です。

  • アプリやサービスは試験ではないので、落ちるリスクがない
  • 基本情報技術者試験より優しいITパスポート試験でも、就活では評価される
  • 高校まで勉強しない分野なので、スタートラインが他の学生と同じ

以上の理由から一年生から勉強していない人は、IT系を勉強することをオススメします。

大学の講義は効率的に!

大学の講義は効率的に!

授業選択の際に、「単位を取りやすい」を基準に講義を何個か選んでもいいですね。

大学の講義で社会に出てから、役立つことはほとんどありません。

特にFラン大学生は、就活に全神経を張り巡らしたいところ!

 

以下の二人なら、企業からみてどちらを取りたいかわかりますよね?

Aさん
大学でめちゃくちゃ勉強して、成績はAでした!

Bさん
IT系を勉強して、基本情報技術者試験に合格しました。

就活で大学の成績が必要になるのは、最終選考のあたりです。

「卒業できるか」「在籍しているか?」などを確かめるためなので、C評価でも基本的に問題ありません。

バイトを少し増やして、貯金をする習慣をつけよう!

バイトは日数を少し増やして、月に1万円くらいずつ貯められるようにしたいところ。

年間で12万円貯めておくことで、就活中のバイトを週1~2日にすることができるのではないでしょうか?

すると『土日バイト、週1日大学、残りは就活』みたいなスケジュールが取れるのでオススメです!

Fラン大学生が3年生の時にやらないといけないこと3つ!

Fラン大学生が3年生の時にやらないといけないこと3つ!

いよいよ就活が現実味を帯びてきました。

3年生から焦ってもスキルをつけたり、実績を残すことは難しいでしょう。

人より早く就活を始めることで慣れて行ければ、4年生のときには良い企業から内定がもらえるのではないでしょうか。

3年生のときにするべきこと
  • 夏のインターンシップへ参加しろ!
  • 2月までには自己分析と業界、企業研究は一通り終わらせよう!
  • SPIWEB対策をしておこう!

3年生で一番大切なのは、夏のインターンシップです。

ここで他の大学生のレベル感を確認して、就活本番の参考にしましょう。

 

インターンシップでは、立ち振る舞いや発言の仕方など学ぶことは多いです。

またインターンシップを通して、社会人とビジネスの場で話すことに慣れましょう。

上記のような理由から、夏のインターンシップは最優先してほしいですね。

3年生の後半は、就活関連に取り組もう!

3年生の後半は、就活関連に取り組もう!

インターンシップの経験を元に、企業や業界研究を進めましょう。

また、『どのような役割や成績を残したか。どのようなことを考えてインターンシップに取り組んだか。』

このあたりを抑えると、自己分析も進むのではないでしょうか?

Webテストは、対策したひと勝ちです。

エントリーシートや大学名などは、個人によって差がついています。

しかし、Webテストはフラットな環境なので、対策をしましょう。

Fラン大学生は、Webテスト対策がもっとも重要と言えます。

Fラン大学生が4年生の時にやらないといけないこと3つ!

Fラン大学生が4年生の時にやらないといけないこと3つ!

4年生になると、就活がメインですね。

4年間の努力の差が明確になることもありますし、もしかするとうまく行かないかもしれません。

それでもここで行動しないと結局追い込まれるので、周りは気にせず自分を信じて行動しましょう!

4年生でするべきこと
  • 就活サービスやエージェントに登録する
  • 内定を一つ獲得してから、就活本番!
  • 就活が終わったら、勉強しつつ旅行などへ

紹介しますね。

4年生は、スキルよりも就活を重視せよ!

4年生は、スキルよりも就活を重視せよ!

内定を獲得するためには、たくさん行動して学んでいくことが大切です。

失敗を効率的に活かすためには就活エージェントや大学の就職支援センターを使うことが大切です。

というのも他人からフィードバックをもらうことが、ダメな部分を直すのに直結するからです。

自分で良いと思っていても、他人から見るとダメなことも多いです。

「他人から見るとどう見えるのか?」を意識しましょう。

4年生になった段階で就活のノウハウを学ぶことで、以下の図式が成り立ちます。

『スキル、実績×就活ノウハウ=内定獲得レベル』

スキルや実績なしでは、ノウハウがいくらあっても内定できるレベルにはなりません。

 

4年生までに、何かスキルを身につけたり実績を残してください。
就活ノウハウは、4年生からで問題ありません!

Fラン大学生がいつ何をすれば、就活で成功できるのかを年次毎にまとめた!のまとめ

Fラン大学生がいつ何をすれば、就活で成功できるのかを年次毎にまとめた!のまとめ

少し長くなりましたので、箇条書きで各年次ごとに何をするべきかおさらいしましょう。

ぜひ自分は何をすべきか確認してみてくださいね!

1年生でするべきこと!

  • 大学の単位を全てとる!
  • IT、会計、英語の全てに挑戦する!
  • バイトは入れすぎず、どの程度で一ヶ月を過ごせるのか把握する!

2年生でするべきこと!

  • IT、会計、英語のどれかで実績を出す!
  • 効率的に単位を取ろう!
  • バイトでお金を貯める時期!

3年生でするべきこと!

  • 夏のインターンシップへ参加しろ!
  • 2月までには自己分析と業界、企業研究は一通り終わらせよう!
  • SPI、WEB対策をしておこう!

4年生でするべきこと!

  • 就活サービスやエージェントに登録する
  • 内定を一つ獲得してから、就活本番!
  • 就活が終わったら、勉強しつつ旅行などへ

スキルを身に着けるのは、いつ始めても遅くない!

スキルをつけるのに遅いことはありません。

例えば、プログラミングのサービスを開発するのは、1ヶ月程度でできます。

つまり3年生の夏のインターンが終わった後から、始めても年内にサービスを作れるんですよね。

4年生になってからプログラミングを始める場合は、内定直結型のプログラミングスクールをおすすめします。

3年生までは内定後も活かせるスキルを目標としても大丈夫です。

 

もう遅いかも...

と悩んでいる時間があるなら、まずは無料の教材からでも良いので触ってみましょう!

 

正直、この記事で紹介したことは簡単な部類に入ります

というのも、例えば2年間留学してTOEIC990点取れば、商社へ入社しやすくなるでしょう。

しかしその行動力を持っていれば悩むことは無いですし、それだけの能力があるのなら就活も苦にしないですよね。

ここで紹介したことは最低限だと思って、日々努力しましょう!

就活がきついと言っている人は、就活のときだけ頑張ろうとしているから

就活がきついと言っている人は、就活のときだけ頑張ろうとしているから

就活に向けてFラン大学生が各年次で、やるべきことをまとめて来ました。

スキルを伸ばしたり、実績を出すことは社会に出てからも継続していきます。

しかし、大学生というフラットな状態で出した実績や身につけたスキルの方が、未来を大きく左右します。

就活でいかに良い会社に入れるかで、今後の人生が決まる可能性も高いでしょう。

一度会社に入ってから、スキルを伸ばそうと考える人もいます。

しかし、週5で大変な社会人になってから、いきなり努力できるでしょうか?

時間のある大学生で動けなければ、ずっとFラン人生でしょう。

できれば、当記事を読んでいただいた段階で、何か行動をしてほしい!

IT、会計、英語のどれかに触れてみることでも大丈夫です!

現時点で他より不利なFラン大学生は、失敗しても失うものはありません!

ぜひ行動して、失敗してを繰り返して、人生を少しずつ変えましょう!

 

ぜひこの記事をキッカケに、Fラン人生を脱出してくださいね!

この記事を読んだ人におすすめ!

>>Fランから大手企業へ内定するたったひとつのコツ【知らないのはあなただけ?】

>>現役のフリーランスITエンジニアが大学生の時に通いたかったプログラミングスクール3選

>>【就活】Fラン大学生が目指すならIT業界しか、ありえないわけとは?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう