スポンサーリンク

あれ?俺のボーナス少なくない?

なんで俺と同じ仕事しているあいつの方が高いの?

使えない先輩の方が高いなんて納得できない!

そんな思いをお持ちの方お待たせしました、なかつです。当記事では「ボーナスが少ない原因」とその「対処法」を紹介いたします。

ボーナスが少ないと旅行や買い物などの計画が崩れることもあります。そういった事象を繰り返さないために行動していきましょう。

 

当記事は約5分ほどで読めるのでぜひ一読を。

 

すぐに退職したい人が読む記事!

退職代行を使いたい!! でも...
・退職代行業者が、多すぎて選べない。
・結局、どれがおすすめなのかわからない。

そんな声に応えて、利用者が本当に信頼できるおすすめな退職代行を3社に厳選しました!

利用者が選んだ退職代行業者とは?答えはこちら→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

スポンサーリンク

ボーナスはどこからが低いの?

ニュースで発表されるボーナスの平均金額は基本的に高いと感じます。

2019年夏における東証一部上場企業のボーナス平均額は約74万円です。これは約2.5ヶ月分の給与に値するそうです。つまり年収で510万円ということになります。

これが大企業の平均ですが、約74万円もしくは2.5ヶ月分もらっていないと少ないということになります。

 

しかしこれは大企業の場合です。中小企業の場合はどうでしょうか?

 

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの「夏のボーナス見通し」によると、平均ボーナスは約39万円とされています。

中小企業に勤めている方は、39万円をひとつの基準にすると良いかもしれません。

スポンサーリンク

ボーナスが少ない原因

ここからはボーナスが少ない原因を分析していきます。

自分ではどうすることもできない要因もありますので、自分のボーナスが少ない要因を突き止めましょう!

ボーナスが少ない原因1 個人の評価が低い

個人評価はボーナスの都度つけているはずです。この評価が低い場合、当然ボーナスは低くなります。まずは自分の評価を確認してみましょう。

多くの場合は評価面談等があるのですが、小さい会社だとないかもしれません。

 

まずは直属の上長に自分の評価を聞いてみて、そこから戦略を立てましょう!

ボーナスが少ない原因2 会社の業績が悪い

会社の業績がボーナスに影響することは大いにあります。なぜならボーナスをカットしないと存続できないような状況になっている可能性もあるからです。

会社の業績が悪いときは、従業員のボーナスから減らされていくのが定石です。

ボーナスが少ない原因3 業界の景気が悪い

業界の景気が悪いとボーナスが少なくなるときがあります。

なぜかというと会社の業績が良くても、業界の業績が悪いと未来に対する不安が生まれるからです。そうなると会社側でボーナスを減らし、内部保留を増やそうとする傾向があります。

業界の景気も確認しておくと良いでしょう。

ボーナスが少ないときの対処法

ボーナスが少ないときの対処法1 個人評価を上げるべく努力する

個人評価を上げるためにはまず目標設定やフィードバックをもらうことが重要です。目標設定が低すぎると達成してもボーナスは上がりません。

目標設定の時点でフィードバックを貰えば、目標達成時にボーナスの額が増えるはずです。(そのために目標設定しているので。)それと目標は数値で設定するようにしましょう。

例えば、〇〇件売り上げます。等

エンジニアの場合数値目標を立てるのは難しいのですが、エンジニアの場合は「どういったスキルが自分に足りていないのか」見極めて上長と認識合わせしましょう。

 

どんな職種でも個人評価は上げることができるはずです。個人評価を上げてボーナスアップを目指しましょう!

ボーナスが少ないときの対処法2 ボーナスを上げるように交渉する

自分の評価が高いもしくはわからない場合は交渉しましょう。

意思表示しないと状況は変わりません。まずは個人評価を確認し、その次にボーナスアップの交渉をしましょう。今回もらった分を上げることはできませんが次回からのボーナスのために交渉しましょう。

低い理由や低いままだと生活が厳しい旨を伝えてみても良いかもしれません。それだけボーナスの交渉は大きいものです。

ボーナスが少ないときの対処法3 転職退職をする

会社や業界のせいでボーナスが、低い場合は退職し転職することをおすすめします。基本的に儲かっている業界に、身を置くことでボーナスや給与が増えます。

またその業界の中でも、トップに近い企業であればそれだけ給与は上がります。

個人で奮闘しても、給与やボーナスの増額は限度があるでしょう。サクッと辞めて違う企業に行って給与を上げにいきましょう。

 

ただ、急に退職、転職と言われてもハードルも高いと思います。まずは自分の市場価値を測ってみては、いかがでしょうか?

市場価値と自分の給与がどのくらいずれているか確認してみましょう。その後転職活動をして実際にオファーをもらえる金額を知りましょう。

それで改めてボーナスアップを交渉するのも一つの手だと思います。

 

\市場価値の調査なら、ミイダスがおすすめ!/

すぐに退職したい人が読む記事!

退職代行を使いたい!! でも...
・退職代行業者が、多すぎて選べない。
・結局、どれがおすすめなのかわからない。

そんな声に応えて、利用者が本当に信頼できるおすすめな退職代行を3社に厳選しました!

利用者が選んだ退職代行業者とは?答えはこちら→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

ボーナスが少ない人必見!上げる方法と原因分析の手法を紹介!のまとめ

ボーナスが低い原因と対策を紹介しました。

ボーナスが低くても幸福度が高い場合は問題ないですが、やりたくない仕事で給料も低かったらなんでその会社にいるかわからなくなりますよね。

 

僕は転職活動をして年収アップに成功しました。

ボーナス自体も2ヶ月だった前の会社から2.5ヶ月しっかり出る会社に入ることができました。その理由として事前に転職のことを考えて、スキルや知識を身につけてきたからです。

市場価値が高い人間になり給与やボーナスアップを狙いましょう!

また転職サイトは大手のひとつに登録しておくだけで情報が入ってきます。全て無料でサービスを受けられるので登録だけでもしておきましょう!特に使わなければ放置で良いので余計な心配はいりませんよね!
中でもおすすめはDODAです。私の転職活動時にもお世話になりました。細かい資料の添削や多数の案件紹介などサービス内容が非常によかったです。

それでも退職しにくい。。。そんな場合は以下の記事を読んでね!

 

転職を考える人は、以下の記事がおすすめ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事