スポンサーリンク

『仕事辞めたい』

でも、

仕事を辞める時の悩み
    • 今の職場に迷惑がかかるから言えない
    • 退職した後の人生が不安だ
    • 周りからなんて言われるだろう

僕が仕事をやめるときに悩んでいたことです。

 

こういった理由があると、なかなか退職を伝えることはできませんよね。当記事ではそんな悩みへの考え方と辞めるための手段を紹介します。

実際に僕は2回退職してます。一回は5年勤めた会社を。もう一回は入社して9日で。実体験をもとに会社を退職する方法を紹介してきますね。

 

退職を考えているときは、精神的にも体力的にも厳しいと思うので、要点だけです。

 

すぐに退職したい人が読む記事!

退職代行を使いたい!! でも...
・退職代行業者が、多すぎて選べない。
・結局、どれがおすすめなのかわからない。

そんな声に応えて、利用者が本当に信頼できるおすすめな退職代行を3社に厳選しました!

利用者が選んだ退職代行業者とは?答えはこちら→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

スポンサーリンク

辞めたい理由と言えない理由

まず、辞めたい理由を考えてみましょう!

例えば、以下のようなものがあるのではないでしょうか?

辞めたい理由
    • 会社の仕事環境が良くない(ハラスメントや待遇)
    • 会社の雰囲気が合わない
    • 会社の上司が怖い
    • 他にやりたい仕事がある

他にも様々あるかもしれませんが、辞めたい理由はどれでも問題ありません。

退職するときに大切なのは自分の意思です。辞めたいと思ったときが辞めどきです。

 

それでは、辞めたいのに言い出せない理由も見てきましょう。

言い出せない理由
    1. 人手不足
    2. 職場の人に止められるから
    3. 家族や友人に止められるから

おおよそ上記の理由で網羅できていると思います。

1と2は会社の人に迷惑をかけてしまうことを懸念してますね。3は自分の周りの人に心配や迷惑をかけてしまうことを懸念してます。

退職では、自分の意思を最優先してください。

 

そうしないと退職すればよかったという後悔をすることになると思います。

スポンサーリンク

「辞めたい!」が言えない問題への考え方

辞めたいのに言えない理由ごとの解決方法を見ていきましょう。

人手不足

現代社会では、どの企業も人材を集めることに必死です。そのため、人手不足を理由に退職を言えないのが一番多いのではないでしょうか?

しかし、人手不足はあなたのせいでしょうか?多分違うはずです。会社の問題によって人手不足になっているのだと思います。

 

あなたの人生は会社のものではないので、辞めたいという意思があるのなら辞めましょう!

職場の人に止められるから

基本的に辞めたいと伝えた場合は止められます。

なぜなら部長クラスになると、「何人やめたか」という査定項目が追加されている可能性があるからです。実際に私が勤めていた会社にはありました。

あなたはその上司のために生きているのでしょうか?違うはずです。同僚や上司は会社だけの付き合いなはずです。それと自分の意思どちらが大切でしょうか?

 

ごく稀にこういう人がいます。

Aさんは僕にだけ特別よくしてくれて、育ててくれたので裏切れない」

そういう人には「それが本当なら辞めた後も良くしてくれるはず」と伝えています。ちなみに僕は育成の立場にも立っていたので、裏側を教えると誰にでもそうします。

そこまで含めて仕事だからです。部下のストレスコントロールやメンタル管理なども含めて育成という仕事です。

 

「自分だけに良くしてくれた」なんてことはほとんどありません。

もしそうであれば、退職を伝えても応援してくれるのではないでしょうか?応援してくれない上司はその程度の関係です。

家族や友人に止められるから

止めてくる家族や友人は企業を退職したことがあるでしょうか?ある場合は、なぜ退職を止めるのか聞いてみましょう。

退職経験がない場合は、アドバイス程度にするのが良いと思います。

正直なところ転職や退職をしたことない人が、止めるのは「自分がしたことないから」という理由です。他人が経験してないからという理由で、自分の人生を曲げるのは良くありません。

 

自分の意思を大切にしましょう。

相手がなぜ止めるのか、どこを不安に思っているのかを確認して解消することも大切です。

辞めたい!を簡単に伝える方法

辞める時の方法を紹介します。

辞めたい!を伝える方法
    • 転職先を見つける
    • 引き止めにくい理由を伝える
    • 退職代行にお願いする

転職先を見つける

一番理想的な辞め方です。ほとんどの場合がこれでしょう。私も転職先を見つけて会社を辞めました。

具体的には、「次の会社が決まり、何月から入社予定なので退職します」と伝えることです。それで止めてくる会社は少ないと思います。

「辞めたいんですけど」と口に出すと「何が不満だ?」「待遇を良くしてやる」と言われます。しかし、内定を持っている場合は条件UPの提案はしにくいものです。

 

会社側の視点で見てみましょう!

「内定を持っている」と言うと待遇が上がるという噂が、従業員の間で流れた場合どうなるでしょうか?

多くの人が次の転職先が決まりましたと伝え、待遇UPを狙うと言う悪循環になると思いませんか?

このように会社目線から考えてみても、転職先を決めたと言うのは止めにくい理由の一つです。

 

家族や友人も転職先が決まっていれば、無職になるわけではないので許してくれるのではないでしょうか?

また、待遇の面で一時的に下がってしまうこともあります。将来どういったメリットがあるかを説明して、納得してもらいましょう。

 

次のビジョンを提示して、周りに止められるのを事前に防ぎましょう!

引き止めにくい理由を伝える

家族の問題や友人の企業等が該当します。

これも止めにくいでしょう。会社側は本当のことはわかりませんし、仕方ない理由の場合もあります。(家族の介護等の理由の場合)

例えば、家族の介護を理由に退職を伝えた場合、ほとんど辞められるでしょう。

 

それでも止めてくるような会社は、次の項目の方法で対応しましょう。

退職代行にお願いする

これが一番楽に仕事を辞めることができます。なぜなら、自分で言うことがないからです。

例えば、上司に伝えるときに止められるパターンがあるとします。

退職代行は上司に伝えることがありません。退職届を郵送しあとは、業者に任せておくだけです。

 

失敗したらと考えるかもしれませんが退職代行EXITなら成功率100パーセントです。

退職代行EXITより、おすすめな退職代行は2社あります。それは以下の記事を読んで確認してみてね!→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

 

「仕事を辞めたい!」がどうしても言えない人向け!退職を伝えるための3つのポイントのまとめ

退職を伝えられないと言うのは、周りに気を使いすぎている気がします。どうしても辞めたい理由や自分の意思が強いなら周りも理解してくれるはずです。

まず辞めたい理由を洗い出し、退職後のビジョンを用意して退職を伝えましょう!

 

一度言ってしまえば、案外すんなり辞められるものです。そのために解決方法を理解して準備しておいてください。

すぐに退職したい人が読む記事!

退職代行を使いたい!! でも...
・退職代行業者が、多すぎて選べない。
・結局、どれがおすすめなのかわからない。

そんな声に応えて、利用者が本当に信頼できるおすすめな退職代行を3社に厳選しました!

利用者が選んだ退職代行業者とは?答えはこちら→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

それでも退職しにくい。。。そんな場合は以下の記事を読んでね!

 

転職を考える人は、以下の記事がおすすめ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事