今回の記事は、期待値をコントロール出来る三つの方法を紹介します。 ビジネスマンには、必須の能力でコミュニケーションスキルの一つであると考えています。 期待値コントロールとは、相手が期待しているハードルの高さを調整することです。 期待値とは、期間やお金、製品のスペック等様々な部分で人間は自分の過去のデータから『このぐらいだろう』という予想を立てたもののことを言います。 相手の期待値が高すぎると自分が100点の仕事をしても、評価は低くなってしまいます。 この記事を読んで、期待値をコントロール出来るようになりましょう!

1. 明確なゴール設定をする

依頼主と明確なゴールを設定することで、期待値通りの結果を出すことが出来ます。 例えば、『資料を明日の10時までに送付します。』というゴールであれば、資料を何時に、誰にどうするかといった具体的な条件が設定されています。 間違った例は、『資料をなるべく早く仕上げます。』といった伝え方です。 依頼主のなるべく早くの基準と自分の基準がずれていた場合、評価が低くなってしまいます。

2.相手の知識量を理解して、提案をする

期待値というのは、依頼主が持っているものです。 相手の知識量から設定している期待値を予測することが出来ます。 相手が知らないことで期待値を設定する場合、根拠を示して納得してもらうことが大切です。 例えば、富士山の山頂のペットボトルは値段が高いですが、それに文句をいう人はいません。 それは、輸送費や自販機の維持費など納得できる背景や理由があるからです。 相手の知識量を理解して期待値を設定する場合は、背景や理由も設定しましょう!

3.代替案の準備をする

期待値をコントロールをする際に代替案を用意しておくというテクニックがあります。 Aという製品を用意してほしいと言われたとしても、Bという製品がAという製品と同じ結果を出せる場合、Aを用意出来なくても文句は言われないでしょう。 重要なのは、最終的な結果は同じになるような案を準備してしまうことです。 依頼主は結果がほしいので、手段は問わないことがほとんどです。

期待値コントロール出来る 3つの方法のまとめ

期待値コントロールは一つの重要な能力だと思っています。 依頼主からの評価が高ければ、また仕事を頼まれるのでお互いwin-winな関係になれると思います。 日頃から期待値のコントロールを心がけてみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事