スポンサーリンク

デスマーチに配属されてしまった〜〜どうしよ。

隣の部署のプロジェクトがデスマーチになってるらしい。ヘルプで呼ばれたら嫌だな〜。

え?気づいたら終電ないじゃん。今日も泊まりか。

なんて悩みを持っている方へ、今回は「デスマーチプロジェクトに配属されたらやるべきこと」を紹介します。

私はIT系の企業で約5年間システムエンジニアとして、プロジェクトに関わってきました。

 

デスマーチのプロジェクトにヘルプに行ったり、デスマーチになりそうなプロジェクトを担当していたり。

要件定義から実装、テストまで一人で3人月分の工数をこなしたり。。。(土日出勤や14連勤で終電は当たり前だよね?)

 

そういった条件でもシステムエンジニアを続けて来れた「秘訣」と「経験」をもとに、当記事は書いています。

5分ほどで読めるので、デスマーチに巻き込まれて「やばい!」と思っている人は、ぜひ一読を。(トイレにこもって読んでもらっても構いません。スマホにも対応しているので。)

 

すぐに退職したい人が読む記事!

退職代行を使いたい!! でも...
・退職代行業者が、多すぎて選べない。
・結局、どれがおすすめなのかわからない。

そんな声に応えて、利用者が本当に信頼できるおすすめな退職代行を3社に厳選しました!

利用者が選んだ退職代行業者とは?答えはこちら→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

スポンサーリンク

そもそもIT業界にはびこる「デスマーチ」とは?

デスマーチとは?

まず、デスマーチについて説明しますね。

自分のプロジェクトがデスマーチに当てはまっているか確かめてみましょう!

IT業界のデスマーチにおける特徴その1 人が突然消える

デスマーチの特徴として、人がいなくなることが挙げられます。

一人いなくなるとその一人をカバーするために、他の人に仕事が振られますよね。それのしわ寄せで他の人の業務量が多くなり、またいなくなるのです。

その結果人数がどんどん少なくなり、残っているメンバーへ負担がさらに増加していくのです。

人が突然来なくなったりしたら、気をつけましょう!

 

そして手遅れになる前に新任+@の人数をプロジェクトに追加しましょう。

IT業界のデスマーチにおける特徴その2 残業時間は100?それとも150?

残業時間が100を超えた時点で問題なのですが、デスマーチのプロジェクトは平気で200時間とか、わけのわからない残業時間を出してきますよね。

一旦冷静になって、計算してみましょう。平日が毎日24時まで残業として、1日6時間を20日で120時間ですよね。そこに休日8時間×10日で200時間という計算になります。

 

それどころか徹夜を入れると、もっと残業時間が膨らむこともあります。残業時間が100を超えた時点で新しい人を募りましょう。

IT業界のデスマーチにおける特徴その3 管理者が来なくなる

人がいなくなる写真

管理者はプロジェクトの状況を全て把握していますよね。ということはプロジェクトが「やばい!」と気づいた瞬間から来なくなる管理者も存在してます。

精神的に強くないリーダーはすぐ来なくなるので、管理者が休みがちになったら疑いましょう。

もしかすると聞いていなかった仕様や機能が、追加されているかもしれません。

 

顧客とメンバーに挟まれるリーダーは一番大変ですが、それでも逃げ出す前に手を打つ必要がありますよね。

自分がメンバーの場合はプロジェクトリーダーから、最新の情報を受け取れるようにしておきましょう!そうすることで事前にデスマーチになるプロジェクトを察知できるかもしれません。

スポンサーリンク

【IT業界の闇】デスマーチプロジェクトに、配属されたらどうすればいいの?

デスマーチプロジェクトに配属されたらこれをしろ

ここからはデスマーチプロジェクトの配属となったときに、なにをすれば良いかを紹介していきます。

まだデスマーチに配属されていない人も、記事を読んで念のために備えておきましょう!

デスマーチPJに配属されたらその1 自分の領域をしっかり決めよう!

自分の領域を決める

自分の仕事の範囲を決めてしまうことです。

だいたい上司やリーダーが仕事の分担を決めるのですが、その時点で「私にはその分量の仕事はできません」「ここからここまでを担当します」と明言してしまいましょう。

プロジェクトの雰囲気が一時的に悪くなるかもしれませんが、デスマーチへの耐性は人それぞれです。

 

自分が倒れてからでは遅いのです。人がいないのはメンバーのせいではないので自分の領域をしっかり明言して、それを完了させるようにしましょう。

デスマーチの特徴の一つとしてあげましたが、デスマーチプロジェクトでは他人の仕事が回ってくることが多いです。そんなときに全て受け入れたらどうなるでしょうか?

間違いなく2人分以上の仕事を、することになりますよね。

デスマーチPJに配属されたらその2 他人を助けてはダメ!

他人を助けてはだめ

先ほどの話でも少し出しましたが、他人は助けない方が良いです。デスマーチの場合全員が厳しい状況なのです。

そのタイミングで仕事を振ってくる人は、正直クソな訳です。いなくなった人の分ならまだしも、「自分が忙しいから」という理由でタスクを振ってくる人もいます。そんなときは断りましょう。

 

それが上司でも関係ありません。自分を守るために最善の策をとりましょう。

※もともとの指揮命令権の人から振られる場合は、内容と量を確認しましょう。本当に一人でできることですか?

デスマーチPJに配属されたらその3 いますぐ逃げよう!

一旦逃げよう

最後の手段です。

転職、退職や社内の配置転換なども考慮して動きましょう!

僕が参加していたプロジェクトではメンタルが壊れて、出社することができなくなってしまった人がいました。

その人は明るく優しい人だったのですが、復帰すると怒りっぽくそしていつも疲れた表情をしていました。一回メンタルを壊すと前のメンタルには戻りません。

壊れる前はこんなのどうってことなかったのに」と考え、自分を追い詰め、さらに壊れていく人を見かけました。

 

メンタルが壊れる前に逃げてください。従業員に変わりはいるけれど、あなたの代わりはいないのです。自分を一番大切にしてください。

【IT業界の闇デスマーチを語る】やばいプロジェクトに配属されたらやるべきこと!のまとめ

IT業界の闇デスマーチプロジェクトに配属されたら

デスマーチに配属された場合の対処法を説明しました。最後の手段として「逃げる」という説明をしましたが、どんな手段があるでしょうか?

辞めます」と言って辞めることができるでしょうか?おそらくデスマーチのプロジェクトがあるような会社だと無理ですよね。(というか話す時間もなければ、退職も間違いなく止められますよね。)

 

そんなときは退職代行を使うべきです。僕も退職代行を使って、会社を辞めた経験があるので、体験談を読んでみてください。

 

すぐに退職したい人が読む記事!

退職代行を使いたい!! でも...
・退職代行業者が、多すぎて選べない。
・結局、どれがおすすめなのかわからない。

そんな声に応えて、利用者が本当に信頼できるおすすめな退職代行を3社に厳選しました!

利用者が選んだ本当に信頼できる退職代行業者とは?答えはこちら→【超厳選】利用者が選んだ!本当に信頼できる、おすすめの退職代行業者ランキングTOP3選【会社を辞める時が来た】

でも会社を辞めたあと、どうするんですか?

その後のことも考えると、転職も視野に入れた方が良いですよね!できれば先に転職エージェントに登録しておきましょう!

辞めて次の仕事がない状態だと少し不安ですよね。そうであれば転職活動もできるような準備をしておきましょう。失業保険の最中に、転職先を決めることができれば良いのです。

 

最後に転職サイト、エージェントの記事を貼っておくね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事