スポンサーリンク

24時間執筆チャレンジ終わりました〜。

(本当のことを言うと、まだ24時間執筆チャレンジ中です。あと1時間ほどで終わるので、ウイニングラン?のつもりでこの記事も書いてしまおうと。)

 

振り返ってみると「案外あっさり終わってしまったな」という感想です。また機会を作ってやってみたい。

とかそんな気持ちには絶対なりませんし、二度とやりたくありません

 

とんでもない企画をしてしまったと終わった今でも後悔してますし、始まる前から後悔してました。

 

※この部分だけ執筆チャレンジが終わった後に、追記してます!↓↓↓↓↓

24時間執筆チャレンジで執筆できた文字数は約42,593文字でした!1時間あたりに直すと約1,770文字。僕の普段の執筆速度は3,000文字/hくらいなので、だいぶ非効率ですよね。笑

※この部分だけ執筆チャレンジが終わった後に、追記してます!↑↑↑↑↑

スポンサーリンク

24時間執筆チャレンジを試みた理由

僕がこのチャレンジをしようと思った理由は、24時間テレビに触発されたからですね。(小学生みたいでごめんなさい。)でも、本当はもう少し深いところに理由があります。

 

それは先日訪れた都留でのひとときがきっかけです。

僕が泊まっていたシェアハウスで、談話しているときのことでした。(お酒はもちろん飲んでます)

 

僕のいなフリのブログ講師だったぽかべ(@pokapoka_resort)が「なかつって自分から地獄に飛び込んでいくよね〜」と言っていたことがきっかけです。(冷静に考えると、失礼な気がしてきたwww)

確かに自分でも「自ら地獄に飛び込んでいくスタイル」だと思っているんだけど、同時にまだまだ自分は足りてないな〜って思ってしまったわけです。

そこからこんな地獄の企画が生まれてしまいました。(冷静に読み返すと思考回路がバグってるな)

 

 

そして僕は「地獄に飛び込むスタイル」ではなくて「地獄を作るスタイル」になってしまったわけです。

スポンサーリンク

24時間執筆チャレンジの途中経過を振り返ろう

まずはノリで企画を作ってしまった元凶のツイートを2つほど貼っておきますね。

スタート時刻はとても憂鬱でした。24時間執筆とか罰ゲームですか。それとも受注しすぎた売れっ子ライターですか。

ちなみにスタート前にはこんな弱気なツイート。

予定通り20時からスタート。と思いきや記事構成を増やす関係上19時から執筆自体は始まっていました。なので実質25時間です。(文字数カウントからは抜いてます。)

と言うわけでスタートです。

21時:開始から1時間経過

3,300字。順調に滑り出したので、1万字までは問題ないだろうと考えてて。

まだ体力的には余裕で、いつも通りのテンションとスピードで打ち続けることができてました!

22時:開始から2時間経過

6,000文字。まだ2時間しか経ってないので元気は有り余ってる状態。

 

だけど、

 

もうやめたい!!!!!!!

なに残り22時間て!!!長すぎない??だれがこんな企画組んだの!!怒

 

23時:開始から3時間

8,500文字

ここら辺までは比較的元気でした。それでもスピードと体力は温存!

2340分:開始から3時間40

10,000字到達。想定より20分早く到達したので、余裕こいて小休憩30分。

 

のつもりが1時間くらい休憩してたよね。

AM2時:開始から6時間

約14,000文字。

空腹に耐えきれず、ご飯を食べました。この辺まで来るとメンタルが辛いとか、そういうことすら考えない領域に到達します。これが無我の境地ですよね。

 

眠くないのでまだまだ大丈夫!!だとこのときは思っていました。

AM420分:開始から8時間20

19,000文字。結構打ち直しが発生しててなかなか進まなくなってきたので一旦休憩。

 

開始から8時間20分で19,000文字ってことは50,000文字くらい、いけるやん!!!って思ってた時期がありました。

 

AM630分:開始から10時間30

nんぉぉおはようっございますううううぅぅぅuu。

完全に小休憩のつもりがやってしまった。でもしょうがない。ここから挽回しよう。

 

シェアハウスの住人に、「頑張れ」って応援されたときの会話です。

シェアハウスの住人
何時まで??

なかつ
夜の20時までです!

シェアハウスの住人
www

 

もはや頑張れとは言われてない。

AM8時:開始から12時間(前半終了)

22,000文字。ここで想定外の出来事が。

僕がもともと用意していた記事の構成がなくなってしまった。なのでここから1時間かけて記事構成のストックを増やす作業。

10個しか用意してなかったので、若干こうなる気はしてたけど。

13時:開始から17時間(残り7時間)

30,000文字。

8時から記事構成1時間で執筆4時間なので、執筆スピードは2,000文字/hまで落ちた。

ここで火薬となるレッドブル投入する。翼が生える。空も飛べるはず。

15時:開始から19時間(残り5時間)

33,000文字。

生えた翼が一瞬で燃え尽き、執筆スピードは1,500文字/hまで落ちた。

イカロスの翼やね。調子乗ると良くないことがおこるやつ。

17時:開始から21時間(残り3時間)

36,000文字。もう執筆スピードは上がらない。というか言葉が出てこない。

 

さっきこの文章打たなかったっけ?っていう疑問が頭をよぎり、記事を見直す。そしたら5行前に、ほとんど同じ文章を見つける。もうやばいよね。。。

 

でも「シェアハウス訪問記」という自分の頭の中を書くだけの記事があるじゃないか!!!って思い出し少し元気になる。

20時:開始から24時間

※※※※※※この部分のみ24時間執筆チャレンジが終わってから書きました。※※※※※※

無事??24時間執筆チャレンジ終わりました〜〜!上にも書いたけど、約42,593文字執筆できました〜〜!

 

※あ、あとツイッターのタイムライン荒らして、すみませんでした。

※※※※※※この部分のみ24時間執筆チャレンジが終わってから書きました。※※※※※※

24時間執筆チャレンジに挑戦してみて残ったもの

2

僕はノルマがあるものに関しては、比較的得意だと思うんだよね。
例えば、「1万文字執筆してね」と言われれば、出来るだけ早く書くことができる。

でも時間で縛られるのは苦手だった。でも今回の挑戦で少しそれも無くなった気がする。(時間無いで限界までって一番しんどい。)

 

挑戦してみて残ったものは疲労感後悔です。二度とやりません。もしやる人がいたら全力で止めます。なぜなら2日に分けて、2万文字ずつ書いた方が早いからです。

でもそんな人が、出てくることを楽しみにしてます。(多分誰もやらないと思うんですが。)

 

一番最初に書いた通り、この時点では「まだ24時間執筆チャレンジ中」なんですよね。。。

 

でさ、ここまで書いた時点で文字数測ったの。そしたら39,800字なんだが。と言うわけでもうひとつ記事書いてくるわ。まだあと30分あるし。

本当に24時間執筆チャレンジが終わっての感想

24時間執筆チャレンジが終わって、次の日は何もできませんでした。

その次の日は、ポートフォリオ作成してました。ポートフォリオもある程度目処が経ったので、この記事を飲みながら編集してます。

 

みなさんも何かチャレンジしてみると良いかもしれませんね。(僕は当分大丈夫です。)

 

では、次の24時間チャレンジで会いましょう!!ごきげんよう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事