スポンサーリンク

「高校からの寮生活は、いろんなことが身につく」こんな風に言われていますよね。僕もそう思います。

とはいえ、

  • 高校からの寮生活には、どんなメリットがあるのか?
  • 高校での寮生活は、どんなことが身につくのか?

という方も多いと思うんです。

そこで当記事では、日本一の高校で寮長を経験した「元寮生」から『寮生活のメリット3つ』を紹介しますね。

 

具体的には、

  • 高校三年間を寮生活で過ごした僕の経験談
  • 高校三年間を寮生活で過ごすメリット3つ
  • トータルで考えた時に本当に寮生活をした方がいいか?

を要点だけに絞ってお伝えしますね!

 

高校三年間を寮生活で過ごすことで、その後の人生に役立つ貴重な経験ができます。

この記事は、5分ほどで読めます。

5分後には、高校での寮生活に向けて、前向きな気持ちを持てるでしょう。これから高校三年間を寮生活で送る人は、ぜひ一読を!

スポンサーリンク

高校三年間を寮生活で過ごした僕の経験談

みんなで食事を囲む

寮生活のメリットを説明する前に、私が寮生だったころの生活について説明します。

まずは僕が高校三年間の寮生活をどのような状況で、過ごしたのかイメージしてもらえれば。

 

以下、学生寮の情報です。

僕が高校三年間住んでいた寮の情報
    • 私立高校で全国優勝クラスのサッカー部の学生寮
    • 寮生は男子のみで60人程度
    • 寮母さんが昼飯、夜飯を作ってくれる
    • 監督やコーチが数人ほど、同居してました
    • 一部屋にダブルベッドが二つ、四人部屋(部屋によって多少異なる)
    • 食堂、洗濯機が共有、風呂が大浴場

プライベートなんて、ほとんどありません。正直三年間でつらかったこともあります。

 

次にどんなスケジュールで一日を送っていたのか、下の表をご覧ください。

高校三年間のタイムスケジュール

  1. 6:00   起床
  2. 7:00   朝練
  3. 8:40   学校
  4. 15:30 下校
  5. 15:40 部活
  6. 19:00 部活終わり
  7. 19:00〜21:00までに夕飯、風呂、洗濯
  8. 21:00 門限、一年生は寮内の掃除
  9. 22:00 点呼、就寝

という一日を送ってました。

 

こんな忙しい、プライベートのない生活なんて嫌ですよね?でも、それより寮生活には大きなメリットがあるのです。

次の章では、本題である「高校三年間を寮生活で過ごすメリット3つ」を紹介します。

スポンサーリンク

高校三年間を寮生活で過ごすメリット3つ

成長する

高校三年間を寮で過ごすことで、どんなメリットがあるのでしょうか?

僕が実際に寮生活を送って実感したメリットは、以下の3つです。

  1. 人として成長する
  2. 励ましたり、助けあえるする仲間がいる
  3. 部活に集中できる環境がある

要点だけ、順番に紹介しますね。

高校三年間を寮生活で過ごすメリット1 人として成長する

高校生から親元を離れることで、一人の人間として成長できます。なぜなら自分のことは、全て自分でする必要があるからです。

  • 洗濯
  • 皿洗い
  • 掃除

自分で自分を律する必要があるので、人として成長できるのです。そのため一人暮らしを始めたときに戸惑うことがありません。

 

また、人として成長できる理由のもうひとつとして「他の人と共同生活を送るから」という理由が挙げられます。

自分と異なる価値観や感覚の人と一緒に暮らすことで自分を見直す機会になり、良いところは自分に反映させて成長できるからです。

僕の場合だと、コーチや先輩からサッカーのアドバイスをもらえましたし、他には「プロになった人は、サッカーノートを毎日1ページ以上書いていた」と教わったこともあります。

つまり成功者の具体例を聞いて、成長できるチャンスなのです。

 

高校三年間を寮生活で過ごすことは他の一般的な高校生より、人として成長できるのがメリットでしょう。

高校三年間を寮生活で過ごすメリット2 励ましたり、助けあえるする仲間がいる

仲間が拳を突き合わせている

他の高校生では、経験出来ないほど仲良くなる仲間ができます。三年間、「学校」「部活」「寮」で共同生活するので必然的に仲良くなります。

 

でも、僕は仲間とか出来ないんだよね。

そんなことを思う人もいるでしょう。でも安心してください。

寮の中でもグループに分かれるので、仲の良い数人とつるむことが多くなります。寮にはいろんな人が集まります。なので、一人であぶれるような人はいませんでした。

僕の場合、今でも飲みに行く仲間がいます。なので一生物の仲間、友人ができるのは寮生活の大きなメリットです。

 

他の高校の場合、大学でバラバラになってしまって会えないことの方が多いですよね。(実際に高校出てから、会わなくなることが多い。)

三年間一緒に過ごせばそんなことはありません。高校三年間を寮で過ごして、一生物の友人を手に入れましょう。

高校三年間を寮生活で過ごすメリット3 部活に集中できる環境がある

部活を頑張る

正直、部活しかやることないんですよね。

だから必然的に優秀な成績を残すことができます。自主練や仲間内での練習など、とても熱心な人が多いので、相乗効果で練習をしてしまうのです。

例えば、スポーツの強豪校である大阪桐蔭の野球部も寮ですよね。もし何かのプロを目指すのであれば、寮生活は最高の環境です。

絶対プロになるんだ!という強い気持ちがあるひとは、絶対に寮がある学校を選んで部活に打ち込んでみてください。

高校三年間を寮で過ごすことは本当に良いのか?

スタートラインに立っているところ

ここまで寮生活のメリットを紹介しました。

それでも本当に寮生活はいいの?と心配になると思うんですよね。多分僕はうまく行ったけど、たまたまだったんじゃないかって。

でも僕の同期で逃げ出したひとはいませんでした。というか脱走したひとには、三年間で一回も遭遇しませんでした。

 

あなたが想像している数倍、寮生活は楽しいです。

友人と部活で汗を流し、夢を語り、涙して、最後は笑顔になる。そんな高校生活を送ってみませんか?

僕は寮生活を送って心のそこからよかったと思っています。悩んでいるのであれば、思い切って飛び込んでみましょう。

 

それでも、もし不安な場合はTwitter(@takunaka1991)からDMをください。相談に乗ります。

あわせて読みたい!

メンタルが強い人になる方法!1日たった5分で誰でも強くなれる方法知ってる?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事