スポンサーリンク

売り手市場で就活する学生が、羨ましいなかつ(@takaunaka1991)です。

就活の自己分析とか実際やりたくないよな。

自己分析の悩み
    • 自己分析ってとにかくめんどくさい
    • 自分の性格なんか一生わからない
    • 就活で使える強みとかエピソードとかそんな特別な人間じゃない!

 

そんな悩みを抱える就活生に、

偏差値35のFランク大学経由で、東証一部のITコンサルティングファームに入社した私から、「自己分析におすすめのツールとやり方」を紹介したいと思います。

 

自己分析終わったよ!という人も、これから自己分析だ!という人も読んでみてください。

5分程度で読める内容ですし、ツールとやり方を説明できるのですぐ実践可能です。

 

Fラン大学生が就活で使うべき就活サービス
大学生の頭の片隅にある「就活」。
特にFラン大学生は、以下のような悩みや思いがありますよね? 

    • Fラン大学だけど内定もらえるかな?
    • 効率良く内定を獲得したい!
    • 就活はめんどくさい!時間がない!

そんな思いに答える記事を書きました。
効率的に就活を進めるために、必要な就活サービスのまとめ記事です。

Fラン大学生は絶対に読んでね!→Fラン大学生が就活で効率的に内定を獲得するためのおすすめサービス10選【最短で即日!?】

スポンサーリンク

就職、就活におすすめな自己分析の方法

自己分析のやり方で有名なのが「頑張った事」に関して「なぜ?」を繰り返していく方法だと思います。

しかし、私はそれをほとんどしませんでした。

 

なぜなら頑張れた理由が「好きだったから」になってしまい、先に進まなかったからです。

例えば、サッカーで全国優勝しました。という頑張った事に対して、なんで頑張れたのか?と聞かれても「純粋にサッカーが好きだったから」という理由で完結してしまいますよね。

 

それでは、就活のときに面接官に説明できません。

なかつ流の自己分析の方法
    1. 自分の性格を理解する
    2. 性格と合う職種を見つける
    3. 職種に合わせた強みの発揮されたエピソードを掘り出す

就活は自分と合う企業を探す事なんですよね!

という事は自分の性格と企業の風土がマッチしていないとダメだと思うんです。まずは自分の性格を理解しましょう!

 

次に性格と合う職種を見つけます。
自分の性格を理解した上で合う職種を見つけないと、風土に合っていても毎日が苦痛になります。自分にはどんな仕事が向いているのか知りましょう!

 

最後に強みが発揮されたエピソードを見つけます。

性格から強みのエピソードを掘り出し、最後に強みと性格を理由に志望動機を作るという流れが良いのでは無いでしょうか?

 

そのため、職種と性格が結びつくようなエピソードがあると良いですね!(志望動機の話は当記事では致しません。)

スポンサーリンク

就職、就活におすすめな自己分析ツール 〜自分の性格理解編〜

自分の性格を理解する上で使用するツールは以下の通りです。

就職、就活におすすめな自己分析ツール1 ストレングスファインダー

ストレングスファインダー
僕は就活のときストレングスファインダーを知りませんでした。しかし、就活のときに知っていたら間違いなくやっていたでしょう!

 

ストレングスファインダーは34個の資質に順位づけを行い、自分にはどの資質が備わっているのか診断できます。

ストレングスファインダーで強みと性格の両方を知る事ができます。

 

さらにその資質をどのように活かしていくべきかどんな仕事が向いているかといった細かいアドバイスまでついているので、まずストレングスファインダーを実践してください。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 〈ストレングス・ファインダー2.0〉 ストレングス・ファインダー2.0 [ トム・ラス ]
created by Rinker

就職、就活におすすめな自己分析ツール2 エニアグラム

エニアグラムは自分がどういう人なのかを9つのタイプで示してくれます。約5分ほど質問に答えるだけで、診断できるのが特徴です。

 

「自分がどういう人なのか」を理解すると、自分のポジションを分析する事ができます。

例えば、リーダーシップをとるタイプなのか、補佐なのか?調整役なのか、自分で調べて情報提供するのか?挑戦するのか?保守的なのか?など。

 

自分の性格にマッチするポジションを見極めるのにエニアグラムは使えます。

就職、就活におすすめな自己分析ツール3 m-gram

m-gramは純粋に性格を診断するツールです。

どういう性格かという制度ではなく、この要素はどのくらい強いというのが書かれています。

少しくだけた表現になっていますが、自分の性格を再度確認するツールとして使いましょう。

就職、就活におすすめな自己分析ツール 〜適職診断編〜

性格や特徴を診断するツールを使って、自分への理解を深めた後は適職を探しましょう。

適職診断ツールは、就職でおなじみの就活サイトの適職診断になります。

就職、就活におすすめな自己分析ツール適職編その1 リクナビ診断

リクナビ診断では、適性診断の結果をもとに働く場面で求められる特徴を12に分類し、その中から回答内容に応じて向いている仕事のタイプを診断結果として表示します。

仕事にも色々な職種求められる能力が異なりますが、それでも共通している部分も多いものです。

 

例えば、営業とコンサルティングは両者コミュニケーションが求められます。

エンジニアと経理でも数字の強さ、細かい部分まで合わせられる性格が必要など共通点は存在しています。

 

まずは、そのどういうタイプの職種が向いているか調べましょう!

就職、就活におすすめな自己分析ツール適職編その2 適職診断MATCH(マイナビ)

リクナビと比較してこちらは細かい、職種まで診断されるのが特徴です。

二つの診断を受けてその結果を総合診断や適性ランキングで表示してくれます。

 

職種の数は95ととても多く細かいです。さらに業界別も診断してくれます。業界の数は48でこちらも多いですよね。

マイナビ診断を受ける事でリクナビで出たタイプから、現実的な職種へイメージを膨らますことができるのではないでしょうか?


就職、就活におすすめな自己分析 〜強みエピソードを掘り出す編〜

エピソードを掘り出すときは、人生を振り返るつもりでやりましょう。

 

就活で使えるストーリーは大学生のときのものが多いはずですが、幼少期のエピソードが軸にあったほうが信頼度は増すでしょう。

 

例えば、以下の二人がいたとします。

  1. 海外ボランティアで貧しい人を助けた経験から、私は誰かのサポートをしたいと考えております。
  2. 幼少期の頃に母の手伝いをして褒められたのが嬉しく、その後もボランティアなどに参加して人のサポートを行ってきました。その経験から私は誰かのサポートをしたいと考えております。

 

下のほうが、より説得力が増しますよね!

説得力を増すために、小さい事でも良いので幼少期から振り返ろう。

就職、就活におすすめな自己分析方法その1 自分史を作ろう!

自分史の作り方は様々あるのですが、以下のような作り方をしましょう。

自分史の作り方
    1. 経歴を箇条書きにする
    2. 時期ごとに関わった人、学業、趣味や遊び、記憶に残っているエピソード、出来事を書く
    3. 添削、追記

1経歴を箇条書きにする

まずは、出来事等を振り返る前に経歴を書きましょう!1年ごとくらいに学校名や住所などがあれば十分です。

ここを基盤として、2の項目を書き込んでいきます。

2時期ごとに関わった人、学業、趣味や遊び、記憶に残っているエピソード、出来事を書く

経歴に書いた事に関連する出来事を記載していきましょう。できれば1年ごとくらいに振り返れると良いですね。

小学校の時は年ごとに遊ぶ友達が変わったりする人もいますよね。そういう小さな事でも書き出しておく事が重要になってきます。

特に幼少期の過ごし方が今に影響している事が多いので、この部分を思い出しながら書いていきましょう。

3添削、追記

2の工程まで完成した段階で、自分史はほとんど完成しています。その中から大きいエピソードだけを抜き出しましょう。

自分の人生に、大きな影響を及ぼした出来事があるはずです。無い場合は再度エピソードや出来事を洗い出すことが必要です。

追記に関しては、その時の気持ちや「なぜ」を書いていきましょう。

 

ここまで自分を理解してから初めて「なぜ」を考える事で、自分の性格が形成された出来事を考える事ができます。

すると強みと自分の性格がつながるエピソードを見つける事ができますよね。

【Fラン大学生こそ!】就職、就活におすすめ!自己分析を簡単にできるツール5選とやり方のまとめ

就活で行う自己分析の方法を紹介いたしました。

自己分析はやってみると案外自分のことを知らなかったんだと思い出させてくれます。そのため、就活前に絶対やってください。

 

また、自分ひとりで自己分析していると見つけられない部分があります。そんなときは友人や他の人に見てもらった方が良いでしょう。

キャリアチケットでは、無料で就活についてサポートを行ってくれます。就活のプロの目線からアドバイスをもらうことができます。また、企業とのパイプがあるので就職活動を有利に進めることができます。

 

当記事はツール紹介だったため紹介しませんでした。自己分析→志望動機→フィードバックでブラッシュアップという流れを客観的、かつプロの目線で行えるのは強いですよね。

就活を乗り切るためのサポートが充実しているキャリアチケットに登録することをおすすめします。


当記事で紹介したサービスは以下にまとめておきます!ぜひ活用してみてください!

Fラン大学生が就活で使うべき就活サービス
大学生の頭の片隅にある「就活」。
特にFラン大学生は、以下のような悩みや思いがありますよね?

    • Fラン大学だけど内定もらえるかな?
    • 効率良く内定を獲得したい!
    • 就活はめんどくさい!時間がない!

そんな思いに答える記事を書きました。
効率的に就活を進めるために、必要な就活サービスのまとめ記事です。

Fラン大学生は絶対に読んでね!→Fラン大学生が就活で効率的に内定を獲得するためのおすすめサービス10選【最短で即日!?】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事