副業したいけど、どんな副業がおすすめなんだろう?
副業したいけど、時間と体力が無いんだよね。
どうせ続かないだろうな。

そんな悩みを抱えている方に、今回は「おすすめの疲れない副業」について紹介します。

 

私は会社員時代に副業(趣味レベル)をしていました。現在は副業を事業化し、フリーランスで生活しております。現在もフリーランスで様々なことに着手できているのは、副業時代の経験があったからだと思います。

 

そんな私の経験から、おすすめの疲れない副業を紹介したいと思います。

5分ほどで読めるので、

  • 副業を始めるか迷う
  • どんな副業をするか決めていない
  • 副業を継続できる気がしない

という方はぜひ一読を。

スポンサーリンク

おすすめの疲れない副業には、3つのタイプ存在している!

おすすめの副業

疲れないという基準は、人それぞれ異なりますよね。そのため、以下の3つのタイプを紹介します。

  • 自分の好きなことを副業にする
  • 本業と似たような分野を副業にする
  • 本業と違うことを副業にする

それでは順番に紹介しますね!

自分の好きなことを副業にする

自分の好きなことを副業にすることで、疲れを感じない方法です。

好きなことで生きていく」なんて言葉があるように、現在はどんなことでもマネタイズができます。そのため自分の趣味を、副業にすることができるのです。

例えばイラストを描くのが、好きな人がイラストを描いて売ったり、音楽が好きな人が、演奏している動画を配信したり。趣味のレベルでも十分に副業になり得ます。

まず自分の好きなことを探してみて、副業になりそうか考えてみてください。
近年はゲーム実況などもあるので、ゲームをしているだけでお金を生むことができるでしょう。

 

まずは自分の好きなことを、副業にしてみましょう!

趣味をお金にするなら、スキルのフリマ【ココナラ】がおすすめです。現在持っているスキルを売ることができるサービスです。どんなスキルが売買されているか、のぞいて見てはいかがでしょうか?


本業と似たような分野を副業にする

本業と近い仕事

本業と似たような分野を副業にすることで、新しい知識を取り入れる必要なくお金を稼ぐことができるのです。そのため疲れにくいでしょう。

本業でしていることをそのまま副業にすると、単価も高くなるのでモチベーションも保ちやすいです。そのため、継続しやすいという利点もあります。

例えばシステムエンジニアが副業でコーディングをすれば、高単価で案件を受注することが可能です。本業で得た知識を再利用して、副業で稼いでみませんか?

 

本業で得た知識を副業にする場合は、クラウドソーシングがおすすめです。

本業で得た知識をライターとして、発信しお金を稼ぐ場合の記事はこちら→クラウドソーシングで初心者が案件を受注して、1ヶ月で5万円お金を稼ぐ方法!

本業と違うことを副業にする

本業でしていることが嫌いな場合、もしくは転職なども考えている場合は、本業とは別の分野が良いでしょう。

転職やフリーランスを目標としている場合、その練習で副業するのはとても良いと思います。

例えばプログラマーになりたい人がプログラミングを勉強して、その後案件を受注する。この流れなら、副業から本職にするまでがスムーズになりそうですよね。

 

本業とは違うキャリアを目指している人には、副業の位置付けを「本業への練習」だと思っていただければと思います。

おすすめの疲れない副業で月々の収入を増やそう!【継続しやすいタイプを見極めよう】のまとめ

おすすめの疲れない副業

疲れない副業3種類を紹介しました。
人によって疲れるタイミングや事象が異なるので、自分に合うかどうかまずは始めてみても良いでしょう!

僕が副業、フリーランスになってからは、クラウドソーシングで案件を受注しています。

 

僕が使っているクラウドソーシングやスキルを売買できるサイトを、貼っておくので登録してみてね!現在は副業で稼ぐ人が増えているから早めに登録して、クラウドソーシング内で評価を上げておこう!

 

そうすると自動的に案件が紹介されるようになるよ!無料なのでこのタイミングで登録だけしておこうぜ!

むしろこのタイミングで登録もできない人は、結局副業なんてできないと思うぞ。案件を受注しなくてもいいので、メールアドレスだけ準備して登録してみよう!

サイトURL貼っておくね!

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事